20070710-今日のお題:「クリエイティブ・クラス」な私たち(2)

で、この話のクロージングは「どこか?」っていうと・・・・

ふふふ、このブログの読者で居てくださっているあなたが、

どこまで「クリエイティブ」で「イノベーティブ」か?

という問いかけです。

この時代のなかで、この日本で、この宇宙で・・・・

皆さん一人ひとりはどんな風に「クリエイティブ」でこの場ひとつとっても、
どんな「クリエイティビティを発揮できるか?」という問いです。

そして、WEB改訂のときの

コーチングネット、Power-NLPのもう一つの提案したいテーマ、
「セルフ・イノベーション」自己変革
です。

そういう存在への自己変革をしてゆくことで、
クリエイティビティをいつも分かちあい、提供し、
また享受する仲間へのお誘いです。



これは誰かが与えてくれるのではありません。
自らがその存在を遣ると決めることから始まるのです。



皆さんが、このPOWER-NLPerとして、いろんなことを提供し、シェアし、
自分の価値を高めること、これがブログに再度アップしているここ最近のテーマ
「Wealth豊かさ」への鍵でした。

そして、今、それを手に入れさせるリソース・・・・

「クリエイティブ」であること、

「イノベーティブ」であること。

この場にもっと何かシェアするものが在る人、それがPOWER-NLPerの由来です。

自らを活用し、刺激剤となり、また楽しんでください。

大きく世界をみて、今日この繋がっている場で何ができるか・・・
一貫性と柔軟性の発揮。


私がここにネタをばら撒かなくても、
POWER-NLPerの皆さんが一杯持っているものを
シェアすること、とっても期待しています。

ではでは。

*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジン、「脳みそのボタンの掛け違い」に気づけます!
    「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」
=> http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
    よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
20070710-今日のお題:「クリエイティブ・クラス」な私たち(1)


POWER-NLPベーシック1期・2期の皆さんも、先日は懇親会に参加していただき
ありがとうございます。

3期のメンバーも含めて(今は2008年1月第5期生募集中だけども・・・)もっといろいろシェアし、自分の変化と刺激を仲間と分かち合いながら、磨きをかける「人生の達人」にむけてWin-Win仲間を募りましょう!

いつもいきいき状態の皆さんにお目にかかれること、楽しみに
しています。

さしずめこの間の懇親会で、ゆっくり全員とお話できずちょっと
残念。座ったらお尻の重い私で、みんなの話を聞きにゆかずおわ
っちゃってすみませ~ん。



さて、本題「クリエイティブ・クラス」って聞いたことありますか?

去年暮れかな?チャーリーさんから、
「かよりんコーチの昔勤めていた米国SGIのエンジニアたちが
その走り(草創期のメンバー)なんだけど、
自分のコアのクリエイティブな領域を組織を超えて提供してゆく、
そういう価値創造ができる人の階層のことを言うし、
それは面白いと思うんだけど」

と聞いたのが始まりかな。

◆◆さん、ユー●●さん(コレを読んでるとは思わないが)覚えてるかな?

私も話をきき昔懐かしい楽しかった会社(今は懐かしむだけだけど)の、

同志たち(アメリカのエンジニアやエグゼクティブととても懇意にしてもらっていた私としては、彼らとの時間は今も宝物)が、彼らがそんな存在だったのだと思うと妙にラポールを感じて、この「クリエイティブ・クラス」に関心を持ったのです。

Web Marketingを昨年考えたときに私のこだわりキイワードが

「クリエイティブ、クリエイティビィティ」

だったので、

ずっとテーマにありまして、今年いよいよ㈱コーチングネットのWEB改訂(2007年9月末)を前に立ち戻ったのがここ。

すると、いつも

「アーカイブは宇宙」という私、

自分が定期購読している「ハーバード・ビジネス・レビュー」5月号で
この特集をしていたのですよね。

なんてタイムリー!また宇宙、私の潜在意識である内的宇宙も私を助けてくれている。

グーグルで検索したら、なんと日本SGIと日経BP社のフォーラム
がトップに上がった(2006年のもの)
から、やっぱり縁がある。

=======================================
これからは「クリエイティブクラス」の時代だ  

「クリエイティブクラス」とは、米国カーネギーメロン大学のリチャード・フロリダ教授が著した

『The Rise of The Creative Class』の中で考察した新しい階層である。

これまで社会階層の分類としては、ブルーカラーとホワイトカラーや、
知識階級と労働階級といった分け方をしてきたが、

それを“クリエイティブ”な業務にかかわる層と
そうでない層に分けて経済や社会を眺めてみると、

国の文化レベルなど色々なことが分かってくるという論である。
クリエイティブとはなにも、アーティスティックな分野に限らない。
これまで「ブルーカラー」と呼ばれていた層もクリエイティブクラスに含まれる。

(中略)

「例えばトヨタが成功したのは、ブルーカラーがクリエイティブクラスに
変わったからです。

製品のクオリティを高めるためには、言われたことを忠実にこなすのではなく、
彼等自身が考えて高いクオリティを維持できるように努めることが必要です。
それができるのがクリエイティブクラスなのです」

(この講演者の話ですが、フロリダ博士自体がトヨタの「カイゼン」をすごく研究した人です)


つまり、ビジネスの中でクリエイティブな部分、
「人間の創造性」といったものを改めて見直し、
高めていくことが重要だというわけだ。

(中略)

「同じ世界トップクラスの職人なのに、かたや年収3000万で、
かたや年収200万の世界。

かつて日本の経済を支えた高度な職人芸や、技といったものの価値が
どんどん見捨てられて、死に絶えつつあるのも無理はありません。
代わりに、早いペースで低コストにものを作ることが
どんどん奨励されているのです」

=======================================

なんでも、イタリア、トリノのマエストロ=車の塗装職人3人が
年収3000万円

なのに、

日本の経済を支えた高度な技術をもつ職人(例えば有名な家具メーカー
の職人)は、年収200万円の世界

のことをおっしゃっています。

安かろう、悪かろうに流され低コストにばかり焦点をあてるのは、危険ってことですね。
クリエイティブなところにこそ価値があるのだから。

ハーバード・ビジネス・レビューの記事は、リチャード・フロリダ博士へのインタビューで、日本についてのコメントもいろいろあり、おもしろかったです。

===============

私が考える「日本人の存在意義」を世界に示す・・・ていうのは、
日本人が世界の「クリエイティブ・クラス」になるってことかな。

そこには、私たちの本来もつ豊かさ、柔軟性こそが鍵だと思っています。

彼のハーバード・ビジネス・レビューで日本に提言した言葉が私には、とても腑に落ちる。

「アメリカはブッシュ大統領になってこのクリエイティブ・クラスを惹き付ける魅力を失った。
世界中の優秀なクリエイティブ・クラスがその施策や思考に魅力を感じないからだ。流出は大きく、世界の競争優位性がその階層のヨーロッパ移動にともなって動いていると。

勝ち組という勝敗の話はどうでも良いが、私が伝えたいのは、
自分たちがそういう存在=
「クリエイティブな存在」として社会に大きな影響を与える・・・
そういう存在であるってこと。

だれもが「楽しんで仕事をしたい。自分の仕事にやりがいを感じたい」といいます。

そして、会社は一生安泰と高い給料を払っても会社を去る人が大勢いるそうで、一生会社のために働くなんてことは考えてない。

リスクをとるということなのです。

日本も随分人材流動化が進んだとは言え、メンタル的には、
未だ「これまでと同じが良い、安定、安全が一番」とまだ思ってます。
ブルドック・ソースの買収話で起こっていることだってこれに通じます。

そして何が問題か、日本が今はまだこのクラスをひきつけているが
(彼の話では、東京から大阪までのベルト地帯がそのクラスをひきつけているそうだが)

★★★★★優位性: 宗教観に於ける不自由さが欧米ほどないこと
×××今後への警鐘: オープンネスのなさ

ってこと。

優位性はこれまで日本人の柔軟な宗教観
(ブログで書いた高野山の世界遺産エピソード)とか、

ある種[卓越した能力としての型文化で達人モデルを伝承してきたところ=
今は職人芸が減りつつあって危険ってことだが、
歌舞伎、能、武道、茶道、華道・・・と文化ではまだ続けられている
POWER-NLPでも説いている「脳みその使い方」かな。

警鐘については、大いにうなずけることが未だに起こっていて、
何か排他的なものと自分たちの存在を守ることをはき違えていると思います。

皆さんどうですか?

あなたは自分自身が「クリエイティブ・クラス」かどうか?

どう感じますか?

*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジン、「脳みそのボタンの掛け違い」に気づけます!
    「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」
=> http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
    よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
20070708-七夕の願い事!マスターへの道

7月からさらにカレンダーが巻き戻るのか!と思ったあなた。すみません。

4月、5月、6月とインプット、アウトプットがたて続きで、文字化してブログにアップするのが
滞ってしまったんだ・・・・。

それでも、POWER-NLPerのメンバーに書いたMLへの投稿があって、
やっぱりだまっちゃ居られんのだな・・・わたしは。と思った。

それを、オープンのブログにアップして、2007年走馬灯ブログとなるはめに。

----------------------------------------------

2007年4月のアンソニー・ロビンズのMastery University 第2講として受けた、
Life Masteryでのビッグな気づきは・・・

「あ、そうだ、宇宙に私のビジョンの実現になんぼ【いくら】かかるから、
まずコレだけお金のリソース・人のリソース・知恵のリソース・・・・頂戴ね!」

と言うのを忘れていたってことかな。

いつもこれを「遣る」とか、これを「欲しい」と思ったら、お財布
や貯金通帳、もちろん親にも相談することの無かったかよりんです。

もともと「お金がないから、○○やらない、△△できない」という
理由を持ち合わせていなかった人なのね。

で、必ずそれが手に入っていた。

値段を自分が決めなくても相当対価が判っているものは、勝手に、
自動的に宇宙が「リソースのお金」をつけてくれていたので、何の
不思議もなかったのね。

で、今は自分のビジョン、夢の相当対価が「宇宙に認識しづらい」
から、しっかり数字、金額をいれないと

宇宙の創造主、「神様もわからない」と財布を開きながら待ってる図
が浮かび、

アラジンの魔法のランプをこすって出てきた魔人(The Secretを見
た人には判る)も、

『仰せの通り・・・と言っているのに、なんぼいるんや!』

と困っておられたのですな。

・・・に気づいたのだ。

こりゃ、大発見、ノーベル賞もんやねぇ!

で、6月末のWealth Mastery にも、受講期限切れ【2006年9月】
にも関わらずご指名お呼びが掛かったので参加してみると、

すっごい新たなチャンスというか、私のビジネス・センス、直感のビジネス
事業化イメージがひろがったぁ!

しかも、ちゃんと必要なリソースを持つ、クライアントであり、ビジネス・パートナーに
なってーなぁ!という人にその話をする・・・
直感と言うより、必然。

今、すっごく面白いこと、別にやろうと思ってます。私がやるには
暇がないから、きっと人もつけてくださる・・・・ふふふふ。
楽しみ~。

これも私のイノベーション、

もう、人生のマスタリーになるってことは、Power-NLP的には、
「変化」を生み出すとか、「違い」を創るなんて甘い、あま~い!

イノベーション=変革です。変わる、革命・・・ですな。

「セルフ・イノベーション(自己変革)」がPOWER-NLPの真髄。
最近ピンときてこれをキイワードに加えた。

もちろん、その波及効果がこの社会、国、世界、

宇宙のイノベーションじゃ!

ですね。

POWER-NLPerとしては、ゴールイメージもビシビシィとクリアに描き、
ず~んと叶った状態で短冊に「筋肉使って脳に刻み込む」という
メカニズムを作るべく書くってことですね。


ーーーー
最後に、中村天風氏は、日本でNLP的「サイコロジーと、メカニクス」を構築しようと、
その本質を究め、伝えていたんだと、またまた思いましたぁ。

日本人の誇りじゃ!こんなセンスのいい人がいたんだよね。明治生まれで。


~中村天風 師のコトバより

『この世は苦しいものでも、悩ましいものでもない!
本質的に楽しい、うれしい、そして調和した美しい世界である。』

つまりは心の自由を手に入れること、これ、
人生楽しきかな、豊かななり!の真髄。  



生まれてきてよかったねぇ!


~アンソニー・ロビンズのコトバより
『人生の成功は、80%がサイコロジー、20%がメカニクス』

そうそう、POWER-NLPのシリーズでやっているのは、これなんだよね。

そして、自分のサイコロジーの仕組みを知り、メカニズムを創り出して、

あなたの脳のプログラミングを、
チューニング・アップ、
バージョン・アップ、
リストア、
デリート、
インストール・・・・・なんでもやっちゃってください。

おっと!大事なことを思い出した!

2007年POWER-NLPアドバンス(NLPマスター・プラクティショナー)受講生は、
当然これをやっているだろうね!

2007年2月17日から、約5ヶ月間。

どんな「セルフ・イノベーション(自己変革)」を起こし、
何を成果として、今、手に入れているかを書いてくださいってことね。

その成果を筋肉を動かして、脳にやきつけたら・・・

あなたも真のPOWER-NLPのマスターですな!

*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジン、「脳みそのボタンの掛け違い」に気づけます!
    「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」
=> http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
    よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
20070630-続、Wealth Mastery への道!


さっき明日、あさってのPOWER-NLPベーシック・プログラム第3期の最終日
にむけて、打合せをチャーリーさんと終えて帰ってきました。

でも、その場にいたWeb改訂に付き合ってくれているボラスタッフであり
クライアントさんである★★さんと、わが妹の◆◆さんと、
いろいろ話しているときに、

Wealth Masteryで本当につかんだことは、ここにあったのだ!!
とゴマンと気づいたことがでてきてびっくりしてしまいした。

これは、本当に、本当に、本当に、私のメタアウトカムだ!とね。
それは、ヒミツ!

ちなみにWealthをイメージするネタが少ない!

と思ったお話をして、私は通勤という感覚がイヤで3億円規模のマンションで
同じ建物内に2軒買って、
エレベーターで通勤するから・・・・が制限だったのねぇ~

ジェットヘリで通えば、大自然の中に家を持ち、
都心の3億円オフィスにおかかえジェット・ヘリ・パイロットに運転してもらい
通うのだ!とは、イメージしてなかったなぁ。


こういうオプションがでました。(笑)
そして、このブログアップの際にさらに気づいた、

エコロジーチェックすると、「地球温暖化」の阻止には役立たん・・・・

そう、こういう発想をしていたら、大自然の中には家は持てないのだ・・・
いや、大自然も、大宇宙もなくなってしまうかも知れないのだ~

とね。

おもしろいね、7月のブログを12月に書いて、そこにまた成長が反映されるって・・・
まるでアメリカのTVドラマのように、いろんな時限のものが同時進行するっていう
24Hとか、Houseとか、CSIシリーズとかみたい・・・・ケーブルTVの見すぎ?


でもBe Universe!のロジカル・レベルから見ると・・・・ 

日本~世界~宇宙へのビジョン・インテグレーション(■■■さん、また辞書引いて)を、
打合せメンバーに語っているうちにできちゃった。これもまたすっごくそそられる
メタアウトカムでした。


それはアウトカム1:

  志の高い、豊かな仲間とアバンダントにWealthyになり、

  この日本の政治家、官僚などの思考停止や、

  意識の低さに『突っ込み愛』を入れることで、

  この国の変革を生みだすリーダーとして、

  人類の豊かさに向けて上位概念、ニューロロジカルに意識を高めて、

  Be Universe!な状態に立って影響力を発揮しつづけること

であり、

アウトカム2:では

  そういうリーダーシップを発揮している

  『日本の』私たちという状態で、

  その仲間とトニーの開催しているような

  Wealthy(真の豊かさを知る)な人のあつまりである場へデビューする。

  「日本人の存在意義」を示しに行くぞ!

です。

それは、世界中のセレブとお友達であり
ブレークスルーしているアンソニー・ロビンズの
コミュニティ「プラチナ・プログラム」のような場で、欧米に習うだけじゃなく、

発信者として「日本人の誇り・豊かさ」を以て、
対等で影響力を発揮し、繋がるという意味。

彼のコミュニティにぶら下って、恩恵にあずかろう!じゃなく、
「真の豊かさを伝えに」行く。

日本の「型文化」の究極のモデリング作法と
真の豊かさ、
たとえば「神道と仏教の共存・共栄」を実現する“柔軟性”について
欧米、アジアのリーダーたちに伝えてゆくこと。

これから世にでてくる 「Be Universe! 仲間」 が
実現してゆくこと・・・



おりしも、この12月に「京都議定書のあと」を引き継ぐ会議があったが、
単なる数字の員数あわせをしている国、国、国、

自国の発展、成長のために、何を省みる必要があるのか?

それじゃ「地球は救えない」

Be Universe! わたしたちが「宇宙そのものである」ってことに
どうして気づかないんだろうか?

だから、やる必要がある。



  精神性・心身一如を体現して、

  世界を誘うくらいに「大いなるリーダーシップ」を
  ちっちゃな自分自身の中に「生み出す勇気」

  潜在意識の97%を目覚めさせ、

  ひとりひとりが「自らの価値」の発揮、存在意義を発揮することでありま~す。

*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジンで、脳みその「ボタンの掛け違い」に気づけます!
   「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」
=> http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
   よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
それでも続く、2007年走馬灯ブログ!

20070629-Wealth Mastery への道!

折角ですから、みなさんにも世界No.1コーチであるトニー・ロビンズ
のセミナーで何を学ぶのか?の触りを。

「Wealthを手に入れるには?」

という命題に対して、当然単なるお金持ちになるという意味を
はるかに超えたものがあります。

それは

お金についての知識、専門家をどのように使うのか、

自分自身の行動をどう変える必要があるのか、

色々な方法を駆使し、

自分のアイデンティティ(存在意義)そのものを変化させる ― という

アバンダンド(Abandoned=遠慮の無い)な

豊かさを手に入れるためのコースでした。

アンソニー・ロビンズは世界中の子供、青年に向けて、
また両親の事情で教育の機会などを奪われている子供たちをサポートする財団を
設立していますが、
そこの寄付という行為で貢献するっていう話ひとつでも、

700人の受講者の中に、1千万円ポンと寄付してしまう人とかがいるセミナーでもあります。
こんなレベルの人が、学習仲間です。


つまりお金もちの基準を、まったく違うレベルで設定する、

それは

自分の豊かさを確信しているからこそ、

そしてそのように行動しているからこそと言えます。

お金に対する意識、たとえば

「お金持ちは悪いことをしている。」
「お金の話をするのは良くない。」

なんていう漠然としたメタモデルを人間は持っていることが多いですが、
実際それは、

つぎにあげたWealthyになれない自分を受け入れる「サイコロージー」と、

そのための「メカニズム」と言えますね。


==ちなみに、なぜより多くの人(彼ら)が豊かでないのか?

そこには12のタイプのメカニクスがあるようです。

皆さんは、どのようなメカニクス(仕組み)を持っていますか?

私には、この「究極のWealthを手に入れないでいることを正当化する」
というメカニクス(仕組み)は、まったくありませんが、唯一!

  スーパーで、アバンダンドで、ドミネート(圧倒的)な、Wealthを
  クリアにイメージ仕切れて居ないことを確信しました。

引き寄せの法則のためにも、絶対やります。

何しろ、トニーがこのWealth Mastery でやらせることは・・・

物質的豊かさも明確にしろ、
そしてそれをファイナンシャル・プランに盛り込めっていう作業。

そこでは、ジェット機や超高速ジェット・ヘリコプターの値段がわかるように
それらのプライス・リストをくれます。

よ~く考えて!でも、地球温暖化には貢献しないよね・・・別のWealthyは・・・

まぁ日本でそれは不要というにしても、

自分が超Wealthyに生活している状態を今体験(イメージで)していないと、
それは手に入りませんからね。

まぁ、3億円レベルルの億ションに、オフィスとホーム2軒持って、
エレベーターが通勤手段!っていうのは、前から設定済みですが(笑)

皆さんも、メカニズムを変えるために、今POWER-NLPで学んで
サイコロジカリィに、変化してくださいね。

えっ?!それで、トニーの言っている

=なぜ、沢山の人たちが「豊かでないのか?」についてですか・・・・

それはね・・・・第5号のメルマガにでも書こうかな。

*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジンで、脳みその「ボタンの掛け違い」に気づけます!
   「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」
=> http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
   よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
まだまだ続く、2007年走馬灯ブログ!

20070629-アンソニー・ロビンズのWealth Masteryから戻って・・・

これは、㈱コーチングネットの「POWER-NLPベーシック・プログラム」参加者へ
のメッセージであるが、

私がトレーニングを提供する上で、受講者に最初に「セットアップ」を望む領域がまさに

このトニーの言うメッセージそのものだ!



もちろん、全ての人に共通だ!だからブログでも投げかけてみる・・・・


      Success is ・・・・80% Psychology and 20% Mechanics!

 成功とは、80%の心理状態(サイコロジー)と20%の仕組み/構造(メカニクス)だ!



皆さん、佳世子@Coaching+netです。

冷たい雨と強風のメルボルンから、今晩戻りました!(ブログアップは半年後・・・(-_-;)

今回は「如何に豊かになるか!」でした。

皆さんにとっての「豊かさ=Wealty」とは何ですか?

皆さんがPOWER-NLP(TM)=弊社のNLP関連プログラムを学びに来られた
本当の理由、

それは、豊かさを手に入れるため、

本当の自分らしい人生の成功を手に入れることを
決められたからこそ、

第3期に来られているのだと信じています。(今は第5期生募集中!!)



アンソニー・ロビンズも言っています。

「成功の80%は、サイコロジーであり、残りの20%はメカニクスだ!」と。

皆さんはここまで、自分のどんな成功にコミットして、このPOWER-NLPの
コースを受講すると決められたのでしょうか?

ひいてはここまでの毎日において、
自分にはどんなサイコロジー(心理状態)がくっついていて、
それをどう変化させ、顕在意識(意識下)、潜在意識(無意識下)において
どんな“仕組み=メカニクス”を構築し、

そして、「脳みそのプログラミング」として定着させてきましたか?

これが私が提供するPOWER-NLPベーシック・コースで見出すゴール
の一つでもあります。


そのためにも、今の自分に一番必要なことは何か?にマストで向きあってください。

そのために、皆さんが行動されることを多いに望んでいます。

最終日の個人、グループ発表ではその変化、気づき、新しく選択された“仕組み=メカニクス”
などが、盛り込まれているといいですね。


如何に、マストに生きるか?

「●●できない」という自分をどう手放すのか?

それがあなたの成功の鍵であります。

今回のコースの最終日に、どんな領域に自らがたどり着くのか、
改めてアウトカムを設定してきてください!


まずはPOWER-NLPベーシック・プログラム(NLPプラクティショナー)での重要な学び・・・

「あなたがあなたの人生において、あなたらしい成功を手に入れるために、
80%の鍵である心理状態(サイコロジー)について、知り、自分の仕組みを知ること」

そして、このあと

POWER-NLPアドバンス・プログラム(マスター・プラクティショナー)の領域に入って・・・

それが「あなたの人生を、あなたらしく成功させるように、機能している状態
の仕組みを創る」

つまりは「20%の仕組み=メカニクスをつかむ!」を手に入れるプロセスなのです。

そして、これは、ここでの「最低目的ですよ~!」と、言っておきたい。

他社の資格コースでは、ここまで目指さないかも知れない・・・

が、しかしPower-NLPではこれを、各自マストで取りに行く、

しかも仲間と切磋琢磨、それぞれがそれぞれの役割で刺激しあって、
お互いの成功を引出しあうところを、この10日間で目指しましょう!

楽しみにしています!


仲間とともに、あなたの成功の鍵
「サイコロジカリィーに、違いを生み出す違いを創る」
それはあなたが仲間に対して何を差出せるか?
どんなコミットをできるか・・・とともに、
自分に対するリソースを如何に遣い、行動するか?

「リソースフルなのは判った、しかし行動する、変化させなければ、違いは生まれない!」

*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジンで、脳みその「ボタンの掛け違い」に気づけます!
   「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」
=> http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
   よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
★★★ インストールは2ヶ国語で!

そして、今日日曜日は第1日目!

今回は、昨年のDWDのような4~5000人ってことはない。
せいぜい700人ほどだとtか・・・

今年4月のアンソニー・ロビンズのマスタリー・ユニバーシティの第二講、
Life Mastery 43人とは全く違う規模というのも面白い。

英語でセミナーを聞いて、ワークをするのは1日エキサイティングだが、
どうも外人の中に入ると勝手に脳が英語モードになるらしく

(といっても英語力は衰えるばかり・・・)

日本語でワークシートの答えを書いたり、相手に宣言だから日本語でするね!と
言っておきながら「英語でしかステートメントが言えない!」なんてことに。

ノートも皆英語。スペルが怪しい!かも。

在る意味、順応が良すぎて、英語脳になってしまい、アンカーとしてインストールした
「新しいビリーフ」や「ステートメント」など

ものすごく大事な部分が、日本に帰って日本語でやってないので、
肝心のアンカーが発火しないのかも!と今日改めて認識した。

日本語、英語両方でインストールしておく必要がありそうだな!

こりゃ大事な気づきだな。

さて、今日のセミナーの復習をしておく必要があるな!

今日は、あるゲームから自分のある時に出てしまう「ビリーフ」
をまざまざと確認、

特にファイナンシャルに関わる、中でも投資という行動に時に典型的に現れているもの
・・・それがある種、人生におけるビヘイビアーとして自分の「加速度的成功を妨げて
いる」ことに気づかされた。

これは本日夜の終わりに新しいビリーフをインストールしたから
大丈夫!明日からの3日間で、完璧にこの新しいビリーフで、
れからの夢を実現することになるのだ!

では、また。

*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジンで、脳みその「ボタンの掛け違い」に気づけます!
   「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」
=> http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
   よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
アンソニー・ロビンズのWealth Mastery に参加するため、ここメルボルンを訪れた。

昨年2006年ゴールド・コーストでの Date With Destiny 以来2度目のオーストラリアだ!

エントリー・シートを送信してすっきりしたところで、レジストレーションを済ませようと、
初めて街に出た。

★★★ シンクロニシティ・・・・その1、その2

午後5時からは前日のレジストレーションが始まるので、直行便が金曜日到着しか無かったのもあり、一人ホテルから会場探して出かけることに!

タクシーでその場所に連れて行ってもらおうとしたが、
現地の人も知らない?

建物で見つけるのに一苦労。

道行く人に聞いたらなんと同じくセミナー参加者でずぅっと探してるところだと・・・。

彼と私の情報を総合してこっちだろうと、タクシーを降りたら、
バッチリその場所を見つけた。ホテルから7分ほどのところだった。

なんと受付をすませると、その人も同じグループNo.1になっていた。

全て以前に設定されているグループ分けなのに、やっぱりこれもすごい縁だよね。

ケアンズから来たそうで、早速ダイビングに行きたいところなのよねというと、
是非うちにおいでと。

これまたお友達ができて最高に幸せ。

明日からのセミナーを前に、彼と2人で夕食をとった。

なかなか面白い人だった!
若い頃は世界中を放浪していて、オーストラリアのケアンズに戻って、今は
お父さんの会社を継いで、社長さんなのだそうだ!

これからの事業の方向転換も視野に、Wealth Masteryに参加するらしい!

*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジンで、脳みその「ボタンの掛け違い」に気づけます!
   「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」
=> http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
   よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
2007年走馬灯ブログ!

ことしもあっという間に終わろうとしている。

ブログを書かぬまま、それに反して自分の経験知を広げるイベントは立て続けにあって、
じっくり自己変革を味わっている間もなかったなぁ~。

このブログに手が伸びなかったのは・・・・・
いまさらながら自分のセミナーである
「POWER-NLPベーシック・プログラム」や、
同じく「POWER-NLPアドバンス・プログラム」に
参加してくれた受講生コミュニティのメーリング・リストで
がんがん書きまくっていたから、
それで堪能してしまったせいかもしれない。

せっかくアンソニー・ロビンズのマスタリー・ユニバーシティ(Mastery University)を
卒業したのだから、そのプロセスでのメッセージを書いて、
誰かに共有してもらいたいと思ったのもつかの間、

そのあと音沙汰なし状態になってしまったね。

時計をまき戻して・・・夏前のことから書き始めよう・・・・

で、今年の総決算、「2007年走馬灯ブログ!」でシリーズ化して追いつくぞ!

----------------------------------------------

20070624-メルボルン、ひとりごと!
At Wealth Mastery-アンソニー・ロビンズのセミナーにて

南半球、真冬のオーストラリア、メルボルンに来て3日目が終わろうとしている。

このノートPCが23時って時間で送信しているが、こちらは24時をまわったところ。
1時間の時差だね。

★★★ 今回の小さな Law of Attraction:

カンタス航空は初めて。

今回は真ん中の席の通路側を押さえ、他の3席埋まらないで横になって、

夜から朝へのフライトで寝るぞ!とアウトカムを設定。

またまた徹夜で荷物をまとめたので寝るに決まってるけど。

カンタス・エアは新しい機体で最高だった。
DVDも自席で各自見ることができた。

春に字幕無しでみた映画を、今回字幕有りでみた。最新映画も随時字幕付きになるのだな。

えっ、Law of Attractionの結果は?って。

もちろん!!思い通り、初めて飛行機で横になって寝たぞ!楽ちん。

まぁ、今回のWealth Masteryに参加したあとは、きっと海外旅行はファースト・クラスに
乗ることになるのだけど・・・。

金曜日の朝に着いて、午後からは、翌日土曜日の午後3時半頃までかかって、
今回のセミナー前に提出する必要のあるワークシートに取り組んだ。

なんとか仕上がって良かった。何度か、意識が遠のきそうになりながらだったけど完成、

そしてネットで提出。

事前ワーク完了・・・アンソニー・ロビンズのサイトから、「おめでとう!」のメールが来た。

いよいよ明日から、セミナーが始まる! 

これから前日に受付を始める「レジストレーション(受付手続き)」を完了するために、
ちょっと会場まで足を運ぼう!

*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジンで、脳みその「ボタンの掛け違い」に気づけます!
   「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」
=> http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
   よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
3月のブログ以来、さっぱりご無沙汰。

でも、改めてすごいたくさんの学びと気づきがこの期間(4月にあって、しかも自分の第2冊目の本まで出版された。

★NLPとコーチングの関係性が良くわかる!ちょっと濃い~ところを書きました!
 図解NLPコーチング術―やる気と能力を引出す(単行本)
 木村佳世子 ¥1,050 秀和システム刊 ISBN978-4-7980-1634-4

普通なら、ブログじゃ、メルマガじゃ、口コミだ、Mixiだの、GREEだの・・・なんでも露出しようとするだろうが・・・・・。

が、自分の内輪のコミュニティにだけしか、新しい本の出版のことも、アンソニー・ロビンズのマスタリー・ユニバーシティの全コースを終えて卒業したことも、一切伝えていなかった。

振り返れば、あんまりにも「セルフ・イノベーション(自己変革)」にむけて一気に動いたので、文字化している時間がなかったとも言える。

で、この4月の初めから、7月初めの今日まで、私のクライアントさん、3月のブログに連載した彼女のすっごいコーチングネットで提供するPower-NLPコーチングの学びを実践した結果手に入れた「引き寄せの法則」の奇跡も含め、私の周りでどんどん動き出す事実について、何度かに分けてブログに書いてみようと思う。

これが、また、面白い気づきと、学び、シンクロニシティの連続なのだから・・・・。

まず、4月初めに時をもどそう。

3月末にアンソニー・ロビンズのスタッフから電話があった(当然アメリカから英語だ)。

「佳世子、あなたの希望のライフ・マスタリー・コースがフィージーで受けられます。3月と4月どちらに参加したいですか?」って。

これは、2004年9月にシンガポールで申し込んだMastery University(マスタリー・ユニバーシティ)のコースの一つで、世界中で開催されるが私はどうしても「アンソニー・ロビンズの家とも言うべき彼のフィジーにあるリゾートで受ける!」と決めていたため、ずぅ~と待たされていたのだ。

思えば2006年3月(一年前)シンガポール人の私の担当者が「2006年9月までにライフ・マスタリー(LM)、デイト・ウィズ・ディスティニー(DWD)、ウェルス・マスタリー(WM)の3つをあなたは受けないといけないのよ。どうするの」といわれたときに、2006年4月のDWDを受講すると決め、その際に、今年のフィジーはもう満杯と言われたのが記憶に新しい。

一杯といわれて自分のアウトカムを変える私じゃない!(そう、私を知る人ならそう言うわね)

もちろん、「9月までの期限であろうと、なかろうと、フィジーでしかライフ・マスタリーは受けたいと思わない。キャパがないのなら、あんたとこの問題、私の問題じゃない。期限が来ようが、フィジーでのライフ・マスタリーにエントリーしてくれ!」

と、もちろん英語で言い切った。

相手は、「いつ受けられるか知らないわよ!」「ノープロブレム。受けられるときが、私の受ける時!」ってね。

その担当者のメールに「ウェイティング・リストに入れました。ただ、いつ頃OKが来るか判りません。」とな。

そして、私は2006年9月までに修了したのはDWDだけであった。

ウェルス・マスタリー・・・そう、豊かさ、お金持ちのマスターになる、達人になるコースは、なんだか2006年の自分のセミナーやら、楽しいワークショップを遣っている自分に『今受ける時』と感じさせなかった。

まぁ、縁がないなら「受講機会もない」し、私に必要なら「私に必要なときに、それはやって来る」と確信し、記憶の外に放り投げた。

あれから、1年・・・・
[PR]
スペルボーン(Spellborn)