20071017- 「あなたの価値の最大化」の意味

POWER-NLPアドバンス(ベーシックを終えて受講可能)の受講を
決断したある受講生がフィードバックをくださった。

彼いわく、

「佳世子さんの言う、あなたの“価値の最大化”の意味がやっとわかった!」 と。

ちなみにわたしは、

「自分に如何なる投資をするか!」

そのリターンを自己責任でゲットする意図と意志を重要視している。

「自分自身には、この投資を自分にする価値がある!」と決められることこそが、鍵になる。


今、その瞬間、「悲しい色やね」上田正樹、作詞:康 珍化 作曲:林 哲司
の歌の一節がでてきましたよ!

解る?知ってる?(誰だぁ~歳がばれるぞぉ~って?)

♪♪♪~ Hold me tight 大阪 Bay blues

「俺のこと好きか」 あんた聞くけど ♪♪~

♪♪~ Hold me tight そんなことさえ 
     わからんようになったんか・・・? ♪♪~

ならぬ、「まだ、わかっとらんかったんか~?」ですわ!

なんちゃって大阪弁モードです。ちょっと大阪弁モードでインステート。

まぁ、解ってよかった。何より何より。

まぁ、ここからですがな。これで最初の第一歩、Webページで
示しているI am O.K.! の基盤が感覚的につかめてきた証拠。

こんなもんで満足したらあかん。これは手段であって第一歩でっせ。
これからが始まりやがな。

それができてこそ、ビジョンを描き、自らのミッションを枠ぐむと
いう意味で、アドバンスで目指す次の段階に進むんでっせ。

まぁ、今見ている物は、ツールの断片、自分の基盤・・・それを
統合し、どこへ進んでゆく必要があるのか!を枠組み、アクションし
そして、自分のアイデンティティを「意図する」ってことです。

まぁ、始まらはって良かったですわ~!
サークル・オブ・エクセレンスで、
左脳がめざめちゃう・・・器用なことをしたおかげで、
あんなにおいしいモン(技を身につける意味で)食べられへんかった
■■■はんやもんねぇ~。

お祝いしたぁげまひょ!

まぁ、できるようになってよかったでんなぁ。ほんま。

====まともモードで

POWER-NLPアドバンスで、
潜在意識が活性し、今、加速度的に学びが進む状態になっているあなたは、
どうぞ「機会を逃さず、波に乗る!」

そうと決めたら、あなたの前にステージは現れる!

残席はもともと「僅か」です。
【現在2008年1月1日は、「POWER-NLPベーシック」の受講生募集中です!】

えっ、もともと「少人数の重厚特化型セミナー」のPOWER-NLPアドバンスですから、
選ばれた人しか参加できません!


自分こそが受けるにぴったんこ!と自己信頼と決意のある方、今すぐ
どうぞご決断を。

ではでは。

*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジン、脳みその「ボタンの掛け違い」に気づけます!
        「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」  
 => http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
       よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
20071007-いまごろ~!のお知らせ。お越しをお待ちしております。

    ★★★★★ お知らせ ★★★★★

本日、コーチングネットのホームページが、リニューアル・オープン
いたしました。

ホームページを立ち上げて今回で3回目の大幅改訂です。

URL: http://www.coaching-net.com/

個人向けプログラムの方からの公開となりました。法人向けは、
随時オープンの予定でございます。

目玉は、「Be Universe!」のフラッシュです。宇宙を感じて下さい。

1回みたらもう見ない?なんてことを言わず、◆◆さんのコメン
トのように「何度でも、ぐるぐる目を回してください(笑)」

今回は、Power-NLPについても私たちの思いを伝えるべくページを
割きました。

またまた、濃い~ぃ、深~い、分厚い?ホームページになりましたが、
ちょこちょこお越し頂き、是非読んでやってください。

私の本の出版会社のご担当者からは、「木村コーチの語りは、マン
トラですから」と評されまして、耳たこ状態の方もお許しを。

私が、一瞬にして変性意識に入って、書き上げてしまったもので、
もう誰にも手が付けられないと、「佳世子ワールド展開」でこのまま
出すしかないでしょう!と、今回意見とも、あきらめとも付かぬコメ
ントをくださった協力メンバーの3人の方々、

本当にお世話をおかけしました。

ありがとうございます。感謝しております。

ということで、結局は5月から始まったこのプロジェクトの第1段階が
やっと無事、一区切りつきました。
(次は法人向けサービスのページですが・・・)

なにをいまさら・・・・というところもございますでしょうが、
「Win-Winパートナー・ミラクル記」も含めて、POWER-NLPerの
活躍をシェアして、私もあなたも
自分らしい成功、自己のバリューの最大化を
遣り続けましょう!

どうぞホームページでBe Universe! 体験してみてください。
アクセスはこちら!


今後ともよろしくお願いします。


*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジン、脳みその「ボタンの掛け違い」に気づけます!
        「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」  
 => http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
       よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
20070922-私も、「プロフェッショナル」ネタを

NHKの「プロフェッショナル」をたまたま見たのですね。

ちなみにそれは偶然、チャンネルが止まったところで繋がった

「宇宙の誕生すら必然」POWER-NLPerなら、当然・・・というのはあたりまえ。
No Accident!つまり、偶然はない、全てが必然ですから。

途中でコーチングのセッションのため抜けたけど、すっごく印象的でした。
2007年7月10日分 「鬼師」
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/070710/index.html

何しろ、数百年に1回、鬼瓦を焼きなおし、先祖の作ったものと挿げ替
えるのが仕事です。

飛鳥時代に「建物の守り神」としてすえつけられるようになったそうですが、
その鬼瓦を焼きなおすのです。

美濃邉さんの代表作は、清水寺の経堂(国の重要文化財)の18個のうち、
1つを平成に作り直したとか。

放送では、名古屋城とかも言っていたかな?

何しろ、すべて百数十年、数百年前に建てられた建築物に使われている
「鬼瓦」のもを、21世紀に写し取るのだから、

究極のラポールをその鬼瓦と築いて、教えを請うしかないですよね。


「師」は、すでにこの世に居ない。

その「鬼瓦」を作るので「鬼師」と呼ばれる

美濃邉 恵一氏は、

「もとの鬼瓦を忠実に再現することから始まる」

というその仕事を、

形はもとより「魂を写し取るのだ」

と言っていました。

その様子は、NLPの言う

「完全なモデリング」

の象徴だと思いました。

その鬼師が古い瓦を、なぞるように触っては作業を続ける様子・・・

「触ってみると、手を通して、
どんな職人が
どんな思いで
その鬼瓦を作ったのかが判る」と。

モデリング、五感を使ってやる、触角のみを使っているようで、
またそれを核にして、
当時の職人の
「見ていたもの、聞いていたもの、感じていたもの(VAK)」の
全てを写し取る

ということは、ペーシングの究極であり、

ラポールが取れた瞬間、

「判る」のだと鬼師の語る「判る」の意味を想って
その言葉を聴いていました。

すごいです。結構しびれました。



*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジン、脳みその「ボタンの掛け違い」に気づけます!
        「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」  
 => http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
       よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
20070919-6ステップ・リフレーミングは単なるリフレーミングにあらず!?

まだまだ日中は暑さが残っていますね。それでも秋は着々と近づいて
います。夜はぐっと気温が下がりますからね。

さて、POWER-NLPベーシックの第4期生もいよいよ佳境になってきました。
(ただいま、2008年1月19日開講 第5期生募集中!)

第7日・8日が先の週末終わりました。前回のミルトン・モデルに続き、
メタモデル、リフレーミングとNLPの主たるモデルやアプローチの
連続ですね。

また、今回は、6ステップ・リフレーミングの奥義に至るほど、深く
やってみました(必然として)。

トレーナー自身も、遣っていて大きく悟りました。

6ステップ・リフレーミングは単なるリフレーミングの一種ではなく、
もっとおくの深い「ビリーフ・チェンジ」や「ニューロ・ロジカルレ
ベルにおけるアイデンティティ(自己存在認知)の書き換え」くらい
深くアクセスできるものだということですね。

単なる「悪癖直し」程度で捉えるには、もったいないお化けが出るよ!

もっと奥深いものです。そこには、リフレーミングという大きなプロ
セスがありますが、何をリフレームしているかというと・・・・とい
うところで、「悪癖」なのか「スピリッツに基づくあり方への変容な
のか」ってくらい広がりを、追求することが出来ると思いますよ。

今回皆さんにアプローチした「6ステップ・リフレーミング」は、か
なりフツーに教えているものと「量・質・深さ・幅」に違いを持たせ
たものです。

チャーリーさんいわく、

「こんなに深く、広くこのモデルを捉え活用することを、
仕掛けとして教え実践するトレーナーは、この世にいないかも・・・。
新しい領域発見だねぇ」

といわれたように、非常に面白い発見でもありました。

いつもモデルは進化するので、
もしかしたらこれはすでに
「6ステップ・リフレーミング」ではないのかも。
名前つけてモデルの完成をするかな・・・・(笑)。

また、「パート」という概念についても、しっかり五感を使って身体
で理解してくださいね!

ということで、五感で再現すること、
左脳で処理しないこと!

これが肝要です。

どうも、その傾向のあるバディ(誰と誰とは言わないけど)とか、
「感じられないの」と都合の良いところではあきらめちゃう人!
要注意。

なぜあなたは、Power-NLPの場に行き着いたのか、
出会ったのか・・・

それは、

あなたの潜在意識があなたの顕在意識よりはるかに優秀なところで、
引き寄せてくれているんですからね!

とことん五感で感じてください!「やれない」の命令、「できない」
の暗示は、不要です。言葉遣いから変えるように!

しっかり復習もした上で、本当に深いところの理解を、伝えられるよ
うに最終日のスキットでは実現してください。(アウトカム設定してね!)

期待しています。


*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジン、脳みその「ボタンの掛け違い」に気づけます!
        「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」  
 => http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
       よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
20070912-バンドラーと一緒にYoutubeに配信されてるぅ!?

今日、クライアントで同じくNLPを学んだ仲間から
「スクープ!」っていうメールが来まして・・・・・

> ユーチューブに木村さん登場してまっせ!
>
> しかも、バンドラーと一緒に!!

と言うではありませんか。

えぇ~!なんですとぉ!?とアクセスしてみると、モノクロ
画像でロックの音楽に乗って、動画ならぬバンドラーとご一緒
に収まる私の写真が・・・・

http://jp.youtube.com/watch?v=YKGxus_XnwA

タイトルもリチャード・バンドラーとなっていてきっと、NLP
のトレーナー・トレーニングを受けた人が作ったのであろうかと
思いますが意味や意図は????

不明!??????

評価のつけようもない、「ブー」な動画なんですが・・・

と、ともかく、バンドラーと共にYoutube発信されているという
ことを「めでたい!?」ということで、笑えぬ!ムービーならぬ
動画、ご覧くださいませ。

いやぁ、びっくりした!

*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジン、脳みその「ボタンの掛け違い」に気づけます!
        「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」  
 => http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
       よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
20070909-五感コンサートは、素晴らしい大成功でしたね!

私のクライアントさんがすばらしい「感動!」をくださいました。

本当に★★さん、おめでとうございます!そして、サポーターで
大活躍された◎◎さんも、おめでとう!

五感コンサート、丁寧に彼女の想いを紡いで、みんなで完成
された、素晴らしいコンサートでした。

なんだか自分のことのように、★★さんの成功がうれしかったです。
700名のホールが埋め尽くされていて、皆さんのワクワクを感じ
ました。

演奏を聴いている間には、

「ハートを掴まれた!」

といった瞬間や、

「魂が洗われた感じがした!」瞬間、

そして

「大いなる時間の流れのなかで、今生きている」

という感覚、

涙を流したり、

ある意味で、

小躍りして来る感じ。最後には身体がスゥエーしてくる、
つまり左右に揺れる感じで聞いていました。

席から立って踊りだしたくなるような曲もありました。

本当に五感を揺さぶられ、魂が小躍りする素晴らしい時間でした。

★★さん、まったくの素人のあなたが、Breathさんというアーティスト
のお2人、そしてボランティアで支えた皆さんとともにプロデュースした
素晴らしい「五感コンサート」、そしてその感動を味わう機会を私たち
に向けて発信しsてくださり、ありがとうございました。

また、POWER-NLPer仲間の応援に駆けつけてくれた2期生同期の
のりぴんさん、もちろん〇美さん、1期ちょこっと、2期では幻の★★さんの
バディで4期の◎◎さんのバディっていうのも、すごい縁の△△さん、
3期、4期と◆◆さん、■■さんの皆さんも、遠路はるばるご一緒できて
楽しかったです。ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

では、「五感コンサート」の報告記を!(パート1)から・・・

臨場感溢れるこちらから・・・・・



*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジン、脳みその「ボタンの掛け違い」に気づけます!
        「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」  
 => http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
       よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
20070817の「自我状態」をPOWER-NLPチックに解説してみよう!

皆さんがどんな自我状態なのか・・・・なかなか面白いクライテリア(基準)ですね。

②の「中期自我: 7歳くらいから親のしつけや社会的な規制から、両親
や道徳感、あるいは論理観のようなものを内面化し、そのコントロールが
強くなる」と言ったあたりであろうという宗教・信仰に依存している人・・・

というのも、ある種の見方でしょうが、実際「宗教・信仰」でなくても
自分を自分で認知できない「○○さんが認めてくれた、お客様から承認
をいただいた、価値があると言ってもらえた」ということを、口にする
人たちもまだこのエリアから③エリアへの移行期間あたりであろうと思
います。

つまりは、自分の存在を他者の目を通して、彼らの言葉の中に見出す。
それは、自己信頼を確立している状態とはちょっと遠い感じ。まだまだ
「ねじれ現象」が残ってますよ~てみたいな。

勉強家・がんばる人に多いんだよね!(笑)

自分を受け入れるのに、誰かの証明・証拠を裏づけしておかないと、
言っちゃいけない・・・謙虚と自己を信頼しないこととは、まったく
別のことですからね。

また、謙虚では無いのに、これをやっている人は、つらいでしょうね。

皆さんからいただいたレポートに、そのような表現が一杯ある人は、
もうちょっと自己認知を自ら高めましょうね!まぁ、押し付けはしな
いけれど。レポートを読んでいて、そう感じました。

これもマスタープラクティショナーに行って学ぶ「メタプログラム」
の中で「内的基準」「外的基準」という脳のプログラミングの根幹に
あるもので(Power-NLPは他社では教えない領域のメタプログラムを
学習していただきま~す・・・ちょっと宣伝)、ある種「もしかして
生まれる前からそういうプログラミングで行くって、今生は決めてきた
のね~」というくらい、変えるのは難しいと言われている「脳の卓越性
のエリア」なんだけど、私は、「人間は、ここを自由に行き来できるよ
うになる!」と信じている人です。ヾ(^o^;)

特に私がPOWER-NLPのセミナーで伝え、確立していただきた
いとお勧めしてるのがこの「外的基準依存」から「内的基準の確立」
にむけたシフト、トランスフォーメーション(移行)を核にすえています。

NLPの大家、ニューロ・セマンティックスのマイケル・ホール博士も
この外的基準から、内的基準へのシフトをめざす、両基準の柔軟性が
大切だと「NLPハンドブック」などでも書かれています。

③後期自我とは、理性、論理で自分をコントロールして健全な社会人
 を演じることができるレベル

なんと、社会人を演じているんですね~。これも本当に自我なのでし
ょうかね?

ヒロさんのコメントにある、「世の中の成功者と言われる人々は、こ
の後期自我で止まっている人が多いそうです。(金銭・地位・名誉・・・)」

まったくもってそうだと思いますね。世の中の成功者、特にいまどきの
日本人はこの領域しかお目にかからない。

どっちかというと、知る人ぞ知るみたいな方が、その上の④成熟した自我
レベルであったりする。つまりは、名誉欲も超えているのである種、今の
陳腐化したメディアには取り上げられることが稀、もしくはすでにこの世
にいらっしゃらない・・・ってことが多い。

マズローも自分の「人間の欲求段階説」で第五段階の「自己実現」までが
広まってしまって、後に発表した第六段階「自己超越」を説き始めたけれ
ど5段階説が広まりすぎて「書き換えができなかった」という皮肉な話も
あるけど。

「もっと柔軟に、そして真理への一貫性を!」が私の想いですね。

「真理はあなたの中にある。あなたが如何に考え、思考し、脳みその
プログラミングを意識下・無意識下において構築し、どんな行動アウト
プットをするか!」それがすべて。

そのためには、ある種の枠組み・・・アウトカムが必要なのも真理です。

> ⑪過去を悔やまない。未来を思いわずらわない。あらかじめ結果がどうなる
>  かを気にすることはない。

で、「あらかじめ結果がどうなるかを気にすることはない」

つまりこのことばは、「失敗は無い、フィードバックがあるだけだ!」に
等しいものと思うがどうでしょうか?

なぜなら、アウトカムを人間は引き寄せるから。そしてそれは真理と結び
ついてパワフルに実現させるから。

あらかじめ「結果を枠ぐむ」のが人間であり、その「我思う故に我あり」
得徳問答になってきましたが、自分がそう考えていること・・・につい
ては疑う余地が無い・・・ということでは、「結果を選択できる自分が
居ること」を、忘れないでほしいかな~。

> ⑫発生した結果や出来事をそのまま受け止める。それに対する価値判断を
>  しない。

潜在意識は価値判断しない・・・つまり、いつも97%の潜在意識レベルを
ちゃんと遣い、感じ、思考し、行動したならば、すべて「うまく行っている」
なんだよね。

> ⑬発生した出来事や、思考に対する対象に巻き込まれず、突き放して、距離
>  をとることができる。

まぁ、これはNLPでもワークをした【ポジション・チェンジ】を自在にできる
ことが、卓越性なんだってこと。ただし、いつも突き放して「メタ・ポジショ
ン」や「デソシエイト」の立ち位置だけだと、これまた卓越性があるが故に、
本当に自分を感じることができない・・・・。

前述の「外的基準」に自らを委ねすぎる嫌いが出てくる。「○○がないと、
人に認められない」「○○ができないと私は駄目だ」「人が私の○○を
すごく価値があると言ってくれた」に委ねすぎるんだよね。

巻き込まれなくてもよいけど、実際「自分で感じて、自分で認めて、自分
のあるがままを、誰がなんと言おうと素晴らしい!」と確信することは、
人がほんとうに幸せになるときに重要な要素なんですよね。

> 自分にとって、仕事上においての左脳、右脳の使い分けの参考になりまし
> た。でもそれは意識してやるのでは無く、無意識的有能が一番でしょうね。

いやいや、それではまだ卓越性を遣いきっていないのです。

左脳・右脳を遣い分けるな!それは「一元、一つのものなのだ」です。

ただ、人間は同時にその両方を使えない(イルカやクジラはできるのだそう)。

だから「柔軟性こそが命!」って申し上げている。感性をみがくことで、
左・右自由自在に、瞬間移動できることこそが、私の伝えたいPower-NLPの
極意じゃ!(なんちゃってね)

もう、NLPを超えた「メタNLP=それがPower-NLP」だと今思いついた。

そこで、ヒロさんはじめ皆さんには、改めて伝えたい。忘れてないよね!?

●●●学習の段階説●●●

★コーチングの学び、NLPの学びの初期段階で聞いていたのが4段階説
1)第1段階: 無意識の無能
2)第2段階: 有意識の無能
3)第3段階: 有意識の有能
4)第4段階: 無意識の有能

★メタプログラム=NLPの一つのモデルを追及した研究分野の学びで
マズローじゃないけど、もう一つ上があったんだよね~

5)第5段階: 有意識でも、無意識でも有能

わたしもこれだと思います。さっきの左脳・右脳を一元として柔軟に使える
ことこそ、私たちの卓越性を最大化すること。

ですから、このフロー状態になれば、損得勘定なしに動けていてしかも
お得になること間違いなし!という第6段階になっている必要があると
言えますかね。

ピークパフォーマンスの状態と同じと言ってもよいかもしれません!

*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジン、「脳みその起こすボタンの掛け違い!」に気づけます。
   「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」
=>http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
   よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
20070817-かよりんコーチのトラックバック

ある受講生がシェアしてくださいました・・・

なんでも某大企業の製品開発から役員となり20年間勤めてきた方が、
「不可能だと言われてきた数々の製品開発を何度も可能にしてきた」
経験を振返ってみると、論理や理性では説明できないことが次々起こり
それを実現させたと語っているそうです。

それを「フロー現象」(シカゴ大学のチクセントミハイ教授)と呼ぶそうです。

自らの内部からこみ上げてくる喜びや楽しさを追い求める人は、「フロー状態」に
入っていて、この「フロー」は人にとって喜びや楽しみの源泉であり、さらに、
幸運を引き寄せるものであると。

POWER-NLPで実現できること・・・

ならば、「どのようにしてフロー状態を手に入れるか!」ということですね。

で、その受講生まとめによると・・・・

●フロー状態の特徴
1.行為に集中、没頭している状態
2.浮き浮きした高揚感のある状態
3.雑念がわかない状態
4.時間感覚が無い状態
=>私の余談ですが、「ピカソの卓越した時間管理術=潜在意識で
管理する」に通じるものですね!
5.その場を支配している感覚(自分が有能である感覚) 
6.周囲の環境との調和感、一体感、等

そして、研修などでもよく言ってきた「やる気の嘘」の話と同じ。

この状態の人は、金銭、地位、名誉などの外発的な報酬でモチベートされない。
むしろ、自分の内部にある喜び、楽しいさといった内発的報酬によって、行動を掻き立てられるのです。

さらに、そのときにもう一つ重要なのが、「自我のレベル」なのだそうです。

●自我の4段階レベル
1.初期自我: 2~3歳で見られ、自我は行動に直結し、エゴ丸出し
2.中期自我: 7歳くらいから親のしつけや社会的な規制から、良心や道徳感、あるいは論理観のようなものを内面化し、そのコントロールが強くなる
3.後期自我: 理性、論理で自分をコントロールして健全な社会人を演じる

そして、

4.成熟した自我: 

①ありのままの自分の姿を平気で人前にさらすことができる
 (善人、仁徳者、聖人のふりをしない)
②むやみに闘争をしかけない
③頑張らない
④自分と違う意見や行き方に寛容(多様性を心のそこから許容)
⑤自分の見解を人に押し付けない
⑥人を無理やりコントロールしようとしない
⑦目的意識が強くない
⑧自分を空しくすることができ物事が自然に流れる方向(宇宙の意志)に敏感
 でそれに沿って舵をきることができる。
⑨感じたこと、思ったことをストレートに表現する。
⑩他人の情動や感情には敏感だが、他人が自分をどう思うと一切気にせず
 自分の言動は左右されない。人におもねない。
⑪過去を悔やまない。未来を思いわずらわない。あらかじめ結果がどうなるか
 を気にすることはない。
⑫発生した結果や出来事をそのまま受け止める。それに対する価値判断を
 しない。
⑬発生した出来事や、思考に対する対象に巻き込まれず、突き放して、距離
 をとることができる。

皆さんがどんな自我状態なのか・・・・なかなか面白いクライテリア(基準)ですね。

自分自身でどういう状態をやっているのか、発見してみてください。

*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
ず~と避けてきた?!メールマガジン、やっと始める決心がつきました!
   「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」
=> http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
   よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
2007年走馬灯ブログ! まだ続きます。

20070810-POWER-NLPでも同じこと教えたよ!

「我思うゆえに、我あり」


私の受講生に竹田和平さんの開かれている「貯徳問答講」の講を受け持つ
ステキな人がいらっしゃる・・・。

POWER-NLPの受講生メーリングリストがあるとき、その講和の共有の場
となったりして、おもしろい。

だんだん貯徳問答も哲学のエリアに入っておりますねぇ。

> 「我思うゆえに我あり」、はソクラテスだったでしょうか?

やっぱり〇〇さんが補足してくださいましたね!

そうです。 「ルネ・デカルト」の言葉ですね。

デカルトは『方法序説』でこのように真実について記しています。

「私がそんなふうに一切を虚偽であると考えようと欲するかぎり、
そのように考えている私は必然的に何ものかであらねばならぬことに
気づいた。そうして「私は考える、それ故に私は有る」というこの真理
がきわめて堅固であり、きわめて確実であって、懐疑論者らの無法きわ
まる仮定をことごとく束ねてかかってもこれを揺るがすことのできない
のを見て、これを私の探求しつつあった哲学の第一原理として、ためら
うことなくうけとることができる、と私は判断した」
(岩波文庫 落合太郎訳『方法序説』45ページより)


POWER-NLPでもやりましたよね。

「今、身体が重いなぁ~と思っている、“私”がここに居る」って感じです。

「世の中を疑っているという“自分がある”・・・ということは、疑いようのない真実」

ひゃ~ややこしい。

人間はすべて解釈するものなのですよ。真理を追究するならば、それは、
「人間らしくある」宇宙そのものとして「存在することを許されている
私たちで居る」ということで、それは自分が解釈していく生き物だとい
うことだけは、どうしても外せない。

人間はそういう生き物だってことね。

デカルトにとって、疑うということ、このことこそが実は疑えないこと
だったんですね。すべてを疑っているつもりになっていたのに、あとひとつ、
疑うことを忘れていたものがあった・・・それは、このように感じている
自分が居ること・・・。

よく言うじゃないですか、

「考えないようにしよう・・・ということを、考えている私」

だから、人間は焦点を当てて解釈をして一生を過ごすのだから、その焦点
と解釈を、より多くの真理と繋がるもの、より豊かで人間らしいものに
しようよ!とPOWER-NLPを学んでいる皆さんに伝えたいのであります!

「疑うということは疑えない」なんてことに、焦点を当ててエネルギーを
使ったデカルトさんもそれはそれで素晴らしいですが、もっと広がりと
シナジー、エマージュの世界へ向けてPower-NLPerの私たちはエネルギー
を使いたいですね!

そして、真心も同じ、自我も同じ、すべてが私たちの解釈、そして真理
に至る道への模索。

で、貯徳問答からそれちゃいました。失礼!

*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジン、「脳みそのボタンの掛け違い」に気づけます!
    「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」
=> http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
    よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
20070721-ちょっとスピリッチャル!

皆さん、ずっとおきてる佳世子@Coaching+netです。

寝そびれました。ヽ(´~`; ォィォィ

N.Y.さん、K.I.さん、それぞれの進化形をシェアしてくれてありがとう。

M.N.さんも、POWER-NLPベーシック第3期修了、まさにピッカピカでおめでとう。

すご~い大変身を最後の自らのコメントで、一瞬にして手に入れましたね。

帰り道の生き生き、ワクワク、きらきらブリは、
本来のあなた!であったこと、
皆が確信しましたよ!

昨日は、蜷川演出のシェークスピア・歌舞伎「十二夜」を母、妹と3人で
歌舞伎座に見に行きました。

喜劇を歌舞伎にしていて、

シェークスピアならではの「言葉あそび」があって、
「あほう」は「利口」だから阿呆をやっている・・・とかいう風刺も効いていて
面白かったです。


さて、今日は、ちょっと言霊(ことだま)について。

日本には言霊があって、いつもNLPと日本古来の伝統芸能や、
モデリングと型の関係など、人間の卓越性を認知して創り上げられたもの、
教えにすごく共通点があることをお伝えしてきました。

今はやりの「マニュアル」とはまったく別のものだと認識してほしいですね。
と、その話はさておいて。

「人間のスピリッツ」について、
潜在意識、心、マインドなどを考えるとき、

神経言語プログラミングは言霊そのものと一緒かな?と、

感じることがありました。

魂、心が発する言葉が、その人そのものの存在を現すのです。

自己信頼の在り処(ありか)さえ、自分の心が決め、心が感じる。

美しい、楽しい、豊かだ、新しい、きらきらしている・・・・などなど。


私の知人で、生まれながらの陰陽師の方がいらっしゃいまして、
彼が子供のころから体験し続けている「不思議なこと」の日記からも
同じように社会に広がり伝わっている「ことば」が今を現すっていう
ようなコメントを発見。

やっぱり、わたしがメディアが言葉の使い方を本当に間違っている・・・
って言っていたのですが、ここにほれ!ということが。


>  「霊的な存在は、すべて言葉を伝うる器により移動し、自らを表現
>  する。」と言う口伝を……ふと、思い出しました。

=>口伝というのは、彼が生まれながらの陰陽師なので、代々伝えられ
  た秘伝のことだそうです。

なんでも

3じゅうウン才になっても、子が無い場合は、
この口伝を広く世に伝えよ!

が、彼の家の守らなければならない先祖からの家訓で、
彼はそれをやり始めています。

>  電話という文明の利器……ハイテクノロジーの集積物である、携帯
>  端末という存在は……霊的な迷信世界とは、別の次元に存在すると
>  思いがちです。

そういえば、携帯が普及し始めてから、一層この世の中が何かなだれが
おきるがごとく、心の伝播を促進しているような・・・・

>  でも、 「霊的な世界は、けして迷信ではない。」と仮定すると……
>  電話は立派な霊器としての性能を、備えています。
>
>  言葉は、電話によって遠くの者に伝わります。
>  霊的な存在は……言葉そのものである場合が多いので……これらは
>  電話やテレビ・ラジオと言った、音声を伝達する機械を通して移動
>  します。
>
>  正しくは、移動すると言うより、複製されます。
>  その言葉を認識する人の心が……その存在を複製し……自分自身の
>  運命に、新たな影響を与えのるです。
>
>  これを、過去の人々が「祟り」と呼んでいました。

なんだか、大切なものを伝える文明の利器が、

いまや甲殻機動隊のテーマでも物語があったように

「人は低きに流れる!」

というのを加速させているような・・・・。



私たちも心して、言葉、言霊をしっかり感じて「うつくしい日本語」を
伝え合う必要がありますね。

でないと「うつくしい世界」はこの宇宙に現れませんから。

怪しいものではありません。これは、きっとこの世の中で私たちが
学ぶ必要があることなのでしょう。

NLP=あなたの解釈があなたの人生の質だ!

というとおり、

私たちの美しい心こそが、

私たちの美しい地球、宇宙をつくるのだと。

そして、

心を伝えるもの・・・・それが言霊(ことだま)ですね。

自分にも、人にも、美しく、人間らしさでもってコミュニケーション
する必要がありますね。

そして、Win-Winの欲しい状態を、肯定的に表現する!でしたね。


*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジン、「脳みそのボタンの掛け違い」に気づけます!
    「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」
=> http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
    よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
スペルボーン(Spellborn)