<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

最後に・・・「引き寄せの法則」その先にあるもの! (Part 4)

つまり、引き寄せの法則は「宇宙の法則」の基盤である。
そして、その先にあるもの・・・・

第2の法則、第3の法則へと「進化し、本当に生まれてきた意味を体現する人生」にゆきつくのだ!

う~ん、やっぱりおもしろい、POWER-NLPのワークショップ
無意識的にも、意識的にも、そこへ行き着く必要がある、

そこに方向性がある。
そこに原理原則がある。
エイブラハムは「宇宙の三つの法則」以外は無いといっている。

そこに私たちが本当に「宇宙そのもののの、豊な存在である」と確信する

「宇宙の法則」を確信するプロセスこそが、「人生なのだ」と!

いやぁ、また1月19日からの「POWER-NLPベーシック・プログラム」が、

がつ~んと進化する、そんなワクワク、むずむずを
今、ある種静かな興奮とともに予感している!

ワークショップの10日間、約3月半ばまでの期間、そしてさらにその未来に
繋がっているお客様と私と、

「進化のコラボレーション」がまた生まれる。

楽しみだ!


うれしいなぁ~、そして、やっぱり引き寄せ「繋がる人たちにしか、繋がらない」

そう、それでいいんだ~。

と、やけに世のマーケティングやプロモーションのたぐいに、
達観した感があって、
集客には「ブログだ、メルマガだ、ネットでの露出度だ」
という言葉にしらけてゆく・・・・
いまいち、本当に繋がっているのか?と

そんな自分をまた認識し、認知する。

まぁ、繋がっている人に「繋がる」のであって、
「繋げる」を、宇宙の法則をよそに意図的に創造しても、
決して私はI Am O.K.!にはならないのだ・・・と確信。

繋がるは「宇宙の法則」で繋がるのであって、
「エコロジー・チェックのOKのない意図的創造」で、
「繋げる」いまの世間の風潮にも、柔軟性を以て

ロジカルレベルを一段上にあげて、
「許容し可能にする術」を実践してゆくのかなぁ~と改めて

我が師: リチャード・バンドラー博士の言う「心の自由を手に入れる」ことにしよう!



あなたと繋がっているし、あなたと繋がれれば・・・それだけでとても幸せ!

ありがとうございます。

そして、「あなたも You Are O.K.! な存在ですね。

感謝。☆⌒(*^-゚)v Thanks!!
[PR]
またまた続いて・・・・「引き寄せの法則」その先にあるもの! (Part 3)だ。

エイブラハムの言葉をちょっと抜粋してみる。
(本のアピールと思って、出版社さん、訳者の吉田利子さん、エスター&ジェリー・ヒックスさん、お許しを)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ソフトバンククリエイティブ刊 「引き寄せの法則 エイブラハムとの対話」
ISBN978-4-7973-4190-4 ¥1,700

【「宇宙の法則」の定義】
宇宙の法則には三つある。

1)「引き寄せの法則」
2)「意図的な創造の方法論」
3)「許容し可能にする術」

誰しも、第1の法則を理解して効果的に応用できるようにならなければ、
第2と第3の法則を活用できない。

「引き寄せの法則」を理解し、自分の人生経験を「意図的に創造」しよ
うという意志を持てば、いずれは「許容し可能にする術」の完全な理解
と応用だけば生み出す比類ない自由に導かれる。

1)「引き寄せの法則」
  ・・・それ自身に似たものを引き寄せる。
  宇宙のなかで最も強力な法則。あらゆるとき、あらゆるものに働く。

2)「意図的な創造の方法論」
  ・・・私が考え、信じ、あるいは期待したことは、実在する。
  要するに何かを考えると、望んでも望まなくてもそれが存在として
  現れる。だから「意図的に」思考を作用させること。この法則を理
  解して意図的に応用しないと、あなたの望むとおりの創造はできな
  い。

3)「許容し可能にする術」
  ・・・私がありのままの私で、他者がありのままの他者であること
     を許容し、可能にしよう。
  たとえ他者がありのままのあなたを認めなくても、あなたが他者が
  ありのままであることを認めるなら、あなたは「許容し可能にする
  者」になる。
  まず、なぜ自分の今の人生があるのかを理解しなければ、「許容し
  可能にする者」にはなれない。

  あなたが思考を通じて、または関心を向けることを通じて、他者を
  自分の人生に招き入れなければ、他者はあなたの経験の一部になら
  ないし、あなたが思考を通じて、あるいは観察することを通じて、
  ある状況を人生に招き入れなければ、その状況はあなたの経験の一
  部にはならない。そのことを理解できたときに初めて、あなたはこ
  の人生の表現へと身を投じたときに望んでいた「許容し可能にする
  者」になれる。

人生で出会う人も状況も出来事もすべて、あなたが自分の思考を通じて
経験のなかに招き入れたのだということが理解できれば、この物質世界
の身体に宿る決意をしたとき(生まれると決めたとき)に、意図した通
りの人生を遅れるようになるだろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つまり、引き寄せの法則は「宇宙の法則」の基盤である。
そして、その先にあるもの・・・・

第2の法則、第3の法則へと「進化し、本当に生まれてきた意味を体現する人生」にゆきつくのだ!
[PR]
つづきをの・・・「引き寄せの法則」の先にあるもの! (Part 2)だ!

最近、本屋で「The Secret」(DVD)の原点がここに!の鳴り物入りで、書店に並ぶ

とか、さらに「引き寄せの法則」は100年も前に、言っていた人がいるという「もう一つ前の原点」といわれる本が、発刊されて世をにぎわしている。

1) 「引き寄せの法則 エイブラハムとの対話」  
    エスター&ジェリー・ヒックス 著 のものと、
2) 「引き寄せの法則 すべての願いが現実になる」  
    ウィリアム・W・アトキンソン著 の2冊。

どちらが好みか、判りやすいかも、その人それぞれの代表システム(NLP用語)とか、
サブモダリティの使い方の傾向(NLPのワークで学ぶ)とかに、因るけれども、

原理原則を語っているのは同じだ。

ただ、私が1)を読んでいて・・・むむむ、まさにこれだ。ずっとPOWER-NLPのワークショップをしていて、本当に極めてゆく必要のあるところ・・・・それが、「引き寄せの法則」の先にあるものだったのだと知ったことが大きい!!

そうだ、ずっとそれを求めて、それを伝えたくてワークショップをしていたのだ・・・・

その「エイブラハム」となずけられている「複合した叡智の総称」が言う

「宇宙の法則」のことだ。

Be Universe!―と銘打って、伝えたかったことはこの
「宇宙の法則」についてだったのだ!

【「宇宙の法則」の定義】
宇宙の法則には三つある。

   1)「引き寄せの法則」
   2)「意図的な創造の方法論」
   3)「許容し可能にする術」


そうだ、わたしがPOWER-NLPのプログラムで伝えたかった奥義は、ここにある。

1)は自分の脳みそのプログラムが引き寄せているもの・・・について知る

  それには、POWER-NLPでいう「自分の能みそのストラテジー」を知る
  それが、自分の人生そのものを引き寄せている、
  手にいれさせているから・・・

2)「意図的な創造を実際やる」ためには、

  脳みその 「リ・プログラミング(祭プログラミング)」 
       「プログラミングの最適化」
       「プログラミングの削除、リストア(再インストール)」
       「プログラムのバージョン・アップ」

  ・・・・と、思考の作用を知った上で

  「焦点、関心を寄せること」を選択する必要があるということ。

3)「I Am O.K..! 」で居ること、それを遣ること。
  それは「他者を許容すること、You Are O.K.! を差し出すこと」
  そしてそれが、あなたの存在を「You Are O.K.! つまりは、
   (I Am O.K.!)」にするのだということ

  まさに「許容し、可能にする術」 スポンサー・シップ(NLPで学ぶ)が
  ここに繋がっている!

  私の著書「図解 NLPコミュニケーション術」「図解 NLPコーチング術」
  でも、(奇しくもこの宇宙の法則の第3番目・・・
  「許容し可能にする術」と「術」ってことばが共通していてうれしい!)
  
  「自己信頼」とは何か、
  「I Am O.K.!への道」を一貫して唱えるのも、
  この「許容し可能にするために」なのである!

もう少し説明してみよう!

エイブラハムの言葉をちょっと抜粋してみる。 続きは次のPart 3で ・・・
[PR]
「The Secret」 ― 引き寄せの法則 が話題になって久しい。

またまた、ブログに書いたら、えンら~く長くなってしまった。(過去に、プリントアウトして読むブログ、まぁ、その価値あるから・・・と慰められたが)

分割して送ることにした・・・いつものことか。

「引き寄せの法則」の先にあるもの!それがPOWER-NLPの世界! (Part 1)


これまでの「成功哲学」のなかで、語られているようで語られていなかった「大きな力が働いている」見えない部分・・・

私は「あなたの目標を紙に書いて持ち歩いて、いつでも目にしていても、その目標が達成できません」ということを、POWER-NLPのワークショップ(セミナー)でも解説する。

つまり世の成功者たちが語って、言語化している部分は「たった3%の顕在意識」が切り出した最後の「残りかす」だからだと。

つまり、彼らをモデリングするならば「如何にものごとを見たり、聞いたり、感じたりして、それ自身に似たものを引き寄せているのか」、脳みその作り出したプログラミングについて触れる必要があるからだ!

つまりは潜在意識下97%が無意識的にさせていて、しかも有意識にも「意図的に働きかける」という、卓越性を“正しく使う”こと、「意図的な創造」を、いつでもやれるからだということ。

実際には、POWER-NLPの言う「学習の5段階」の5段階目まで、すでに突き抜けた状態ってこと。この5段階は、NLPで4段階の学習レベルを知り、さらにメタプログラムを学習して、
第5段階目を知ったという、自分自身の学習のプロセスを踏まえているのだが・・・・

えっ、学習の5段階って何かって!?それは、

1)無意識の無能な段階:
  知らないから意識できないし、そのこともできる能力を持たない段階。
2)有意識の無能な段階:
  意識しているが、そのことをできる能力はまだ身についていない段階。
3)有意識の有能な段階:
  意識してやっていて、そのこともできる能力がある段階。
4)無意識の有能な段階:
  無意識でいても、そのことができている、能力を発揮できている段階。

そして、さらに

5)無意識でも、有意識でも有能な段階:
  無意識で居ても、有意識でいても、そのことができている、
  能力を発揮できている段階。

ってことで、「成功哲学」のモデルとなっている人たちは、この第5段階目に、無意識的に進んでいったと言えるだろう。もちろん、意識的にも「意図的創造」をやっている先人は沢山いることも間違いない。

ただ、「成功哲学を実践しているのに、紙にかいた目標を持ち歩いているのに、実現していない!」というひとたち、

それは、「成功哲学のモデル」が顕在化していない学習プロセス・・・をモデリングしていないからと言える。

つまり顕在意識で欠かれた「本」の知識だけは仕入れて、真似ようとしているが、実際彼らが何を見て・聞いて・感じて・味わって・嗅いでいたか!をモデリングしていないから。

そして、ついに「The Secret(DVD)英語版」がYouTubeの部分配信から爆発的に売れた。

で・・・・・・
[PR]
NLPでは、状態を変化させるものとして三つの切り口がある。

1)身体の使い方
2)選択する感情(内的状態)
3)使う言葉

その中でも1)の身体の使い方はパワフルだね!

顔の表情筋一つ動かし方を変えても、人間の状態は変化する!ってことで。
笑顔を神経が察知すると、もう身体はその状態になってる!

本当に人間って卓越しているね。

アンソニー・ロビンズのセミナー参加者で創られているコミュニティに、
すごい素敵な人がいる。

その人からお友達メッセージをいただいたり、彼のセレクトした音楽や
ムービーをRSSで配信していらっしゃって、そのセンスや選択眼がすっごく
アウトスタンディングなのだ。

いやぁ、ホント豊かだぁ~。

サイトのデザインもいつアクセスしても、毎回違うデザインになってて、
盛りだくさんの情報を、時にメルヘンチック、時にSFムービーのよう、
またあるときは、リラクゼーション・・・変幻自在。

まったく、びっくりだ。

さて、今日は、YouTubeのムービーをひとつ紹介された。

なんとかわいいキャラクターで、歌にあわせての表情がとってもユニーク!

「微笑んでくれ~!」っていうコメントとともに!

コチラから↓
「笑う門には福来る!」・・・で、どうぞ。
[PR]
新年、あけましておめでとうございます!

2007年の走馬灯ブログ・・・つまり、昨年4月からの「トラック・バック(振返り)が、滞り、ブログにアップできていなかったものを、やっと追いつく形で、12月中旬から昨日までアップロードしてきた。

年末に一気飲み状態になり、このブログを待ってくださっていた方(もう
いないかも・・・)ごめんなさい。
2008年は、こまめにアップしま~す。

1年のトラックバックをすると・・・・、

昨年の今頃は、2007年どうPOWER-NLPのセミナーや、コーチングの企業研修、個人コーチングと、自己価値の最大化にむけてやってゆくのか、思索していた。

2007年度が、コーチングネットという会社設立後の第5期というタイミングであり、ひとつの節目になるはずだった!

あれこれイメージングしていると、一ツンのメールが届いた!

「フィージーのアンソニー・ロビンズのリゾートで行われるLife Mastery(ライフ・マスタリー)にしか、興味がない!」と言い放ったがために延長された受講期限で、もう、延長も振替もできないからね!ってことで、4月に開催されるライフ・マスタリー・イン・フィージー Namale【ナマレ】リゾートでだ!。

4月の頭の「ライフ・マスタリー(Life Mastery)」を受けることtにした。

世界から集まったたったの44名。日本からは、もちろん私一人だった!

オーストラリア在住の英国人女性と「最高の景色が見えるBura(ヴィラ)」をシェアした。

4月7日の初日には、すべての恐怖やハードルを乗り越えるべく、メタファーとなる「20M弱の丸太に登り、ジャンプして空中ブランコにとびつく!」ワークと相成った。

e0032310_11492235.jpg


のぼるのは、まったく怖くは無かった。
高さも、自分には恐怖とは感じなかった。そして、命綱を引いてくれているフィージーのスタッフと信頼がその場でできているのを感じた。

ある種、リズムをつくって、次の杭へ、次の杭へと、足と手を交互に動かすこと、ひざを曲げては伸ばすことで、「着実にゴールにたどり着けるのだ!」という確信の心地よさを20メートルのポールにつかまりながら感じていた。


てっぺん!に立ったぞ!!遠くに、フィージーを取り囲む海と島影が見えて、サングラス越しに太陽が私の全身を包んでくれた!

e0032310_11535745.jpg


そうして・・・・・・ジャ~ンプ!!きっもちいい~!

e0032310_1156083.jpg


欲しい結果を手に入れる!それって、コレくらい気持ちよいことなのだなぁ。

この身体が答えてくれる。スピリッチャルで、生きている証を細胞の一つ一つにまで感じ、この豊かな生命について感謝でいっぱいになる。

ありがとうしかない!そして、大事にするね!!

----------------------------------------------------

そんな感動も覚めやらぬまま、たてつづけに6月中旬に「ウェルス・マスタリー(Wealth Mastery)」を受講することが決まった!

フィージーとちがって、冬のメルボルン!雨や雹がときどき降って、どんよりグレーの世界だった」


アンソニー・ロビンズのマスタリー・ユニバーシティー(Mastery University)のプログラムで、2つを立て続けに修了するため海外に出かけた2007年前半の日々だった。



そうこうしているまに、半年が過ぎて、平行して進めていたWEB PAGEの改訂に手間取った。

思いいれは強いし、より沢山の情報、POWER-NLPの真髄、NLPの面白さ、深さ、広さを他の「テクニック思考」のNLP資格コースと差別化する意図、ビジネス・シーンでの競作なロジカル・シンキングを越えた多様性と柔軟性にチャレンジしてゆくアプローチで、自分たちのあり方も決まった。

昨年2月の初のPOWER-NLPアドバンス=NLPマスター・プラクティショナー・コース実施に始まった2007年だが、POWER-NLPベーシック=NLPプラクティショナー・コースを第3期、第4期、POWER-NLPアドバンスを第2期と実施。

沢山の素晴らしい出会いがあり、それぞれの人生にステキな光が当てられついには、「自己価値の最大化」にワクワクしながら、大いなる人生の設計を潜在意識と五感を使ってやる「ライフ・タイム・タイムライン」に1月6日(日)臨むことになる。

もう、自分たちの人生は、成功しかありえない!!

私の人生はスピリッツの求めるところで、あり方を選択し、ニューロロジカル・レベルを究極のレベル=Be Universe!な視点で生きてゆくことを決めたPOWER-NLPerとの日々は、2008年大きく加速し、喜びの連鎖、ワクワクの共鳴、光の輪のなかで、自分の価値・可能性を信じた

I am O.K.! (アイ・アム・オーケー) な私で始まり、
You are O.K.! (ユー・アー・オーケー)と受け取りながら、
また、
You are O.K.! (ユー・アー・オーケー)を差し出して、
自分の周りの誰かが、その瞬間に
I am O.K.! (アイ・アム・オーケー) で生きることを選択する。

そんな影響の輪を広げてゆくのだ!

この宇宙の豊かさを見て、心豊かに生きること。

それが、私たちの豊かさであり、存在意義そのものを体現することになる。

どうぞ、素晴らしい人たちとまたPOWER-NLPのいざないで出会い、
つながり、共にある喜びを拡大してゆきましょう。

今年もよろしくお願いします!!


2008年1月1日 元旦



*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
このメールマガジン、脳みその「ボタンの掛け違い」に気づけます!
        「Oh~!脳!その使い方間違ってます!」  
 => http://blog.mag2.com/m/log/0000240228/
       よかったら登録してやってください!
*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*.:~:.*
[PR]
スペルボーン(Spellborn)