<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

実は自己啓発セミナーは、イマイチピンとこないもの、ピンポイントでツボにははまるもの、色々あると思う。といっても私がそんなものばっかり受けていたわけではない。まぁ、どちらかというと、私は自己啓発セミナーが不要な人間の部類に入るだろう。

ただただ、人間がどんな時に「変化するのだろうか?」「人っていったい何に焦点あてているんだろうか?」そういう「人間好き」のいわば好奇心のなせる業で参加していたのがいくつかあるだけだ。

NLPを学び始めた所以も、自分がやってきて、自分が今感謝し、とっても恵まれていると心から思えるのは「私の何が自分を信頼させているのか?」という好奇心の対象としての人間=自分自身にあって、それを明確に解明、解説できるのがNLPだったからだ。

人間はみんなこうやてモノゴトを理解し、こうやって自分の人生を顕在意識・潜在意識で選択している、そしてそれはその人を豊かにしているとも言えるし、豊かさを損なっているともいえる!

子供のころから自分で言うのもはばかるが「リフレーミングの天才!」であった=これも自分にとってもエネルギーを与えてくれる視点であり言葉なのだ=自分は、まったくネガティブ・ロスの感覚がないのだが、こういうセミナーでは「一般的にいわれるネガティブなるもの」、それを影響力のない状態にしておくことに焦点をあてる。

一方でNLPは、それを「影響力のない状態にした」という選択以外に、より自分にとってリソース(資源)とする選択肢を与える、もっと加速させ、さらにパワフルに拡大させる力を感じさせることができるという「自己の柔軟性」に拍手喝采!という状態にすることができると教えてくれるのだ。わたしは、このNLPの「柔軟性」に焦点をあてたアプローチが素晴らしいといいたいのだ。

よくある「自己啓発セミナー」のように「あなたの痛みはもうあなたを傷つけません。すでに過去のことで、あなたになんの悪影響もなさないのだから大丈夫・・・・」なんて視点では、物足りない!どちらかというと、それは自分の柔軟性を信じていないという点で、まったく私に不必要なものだと言い切りたい。

つまり、「全ての出来事、全ての私の過去は『リソースでしかない!』、私のためにあるものでしかない!すべてが天からのギフトなのだ!」と一貫して思っているので、「過去という大切なリソースをどうしてそこに置いてけぼりにしておきなさい・・・」なんて「もったいないお化けがでるぞ~」と納得行かなかったのだ。

100歩譲ってそれが「自分の思い出したくないすっごく嫌な出来事=ラベル」であっても、その意味を変える、自分の状態を変えることでどんどん「リソースに変えられる」のであって、虫食いだらけ、歯抜け状態の過去なんて持っていても力強く生きることには繋がらない!と確信している。

だからこそ、基盤としての自分がために「歯抜け状態、虫食い状態」なんぞに自分の過去を置いておいては駄目だ。もっと柔軟性を、あなたの全てのラベルは、あなたを素晴らしく力強い存在にするために貼るものだ!と訴えたくてNLPのトレーナーにまでなったんだ。

で、アンソニー・ロビンズだ。とっととそんなもの張り替えちゃえ!とばかりに、NLPをベースにいろんなアプローチをしながら、持論を展開しつつ「人が陥っている、ラベルの貼り方、感情の選択について紐解いて行く」というあざやかな場は、誰かをサンプルにしながら、全ての人に響くという状態を引き出してゆく。

うん、こうだ、これが私のやりたいことだ。そう、ここに目覚めた自分がいる。

ちょっと元IT関係の企業にいたので、一般的にもわかるコンピュータ用語でいうと、NLPとはWindowsのOSのようなものだ。

あなたの脳でどんなオペレーション・システムが働いているのかってこと。ハードウェアは当然あなたの脳自体だようね。

NLPのツール=OSを教える資格コースも、「自前でプログラム作って、ソフトウェアを自分のしたいことの実現のために自らプロデュースできる人」のためにする。

そして、NLPのOSにのっかる「ソフトウェア」をまさに目の前の人が、やりたいことに合うよう作る、まぁWindows Officeみたいに、「エクセルが良いのか?それともワード?」みたいにいくつかソフトを開発して、それで「人生の目的を発見し、それをいつも感じながら、ほしい人生を手に入れるための・・・ソフトウェア」とか、「人間関係においてこういう風に人とつながりたいための・・・ソフトウェア」とかで、自分の答えを探し出し、創りだし、体にインストールしてもらうようなセミナーだ。

これも絶対おもしろい。楽しそうだし、私のクリエイティブ根性を充たしてくれるよ、それは広がるし、繋がるし、自分の成長のみならず、周りの成長にもつながり皆が宇宙に貢献できる存在に自らしてなってゆくんだ!って、壮大な絵巻物が頭から体中に広がった。

ますは、ツールの紹介「資格コース」でこのNLPの楽しさを、網羅的に体験してもらい、自らプログラミングしてソフト開発できる人たちに、広めたい。

WANTON・・・昨年3月のバンドラー博士のトレーナー資格コースで学んだ「引き出したい「状態」・・・「もうそのことを行動したくって、やりたくって、じっとしていられない」これが、そうだ!

こうなったら儲けモンだ!もう、人は自動的に動き始めるからね!

期待していて!
[PR]
アンソニー・ロビンズのセミナーでは、まさに「愛と情熱でもって、人生をもっと豊かにしろ!自分のミッションは何か!あなたは一体何者か!?」というコアの部分を洗い出す、そして人生で味わいたいニーズを明確にし、その相乗効果や影響力の輪がより発揮できるよう、感情選択のプログラミングを構築する。

同時に自分の価値観のバラエティを追求し、その順列を色々並べ替えてみて、それぞれを感じてみる。

これはまさにNLPのBelief Changeの技術をガンガン使ってやるのだが、すごく面白い。

人生のシーズン、四季を感じながらこの価値観のバラエティの順列を自分らしさ、コアを引き出した形で、そのときのシーズンにあったものに変えることも必要だという「柔軟性の発揮」。

まさに、人生に一貫した価値観群はあるにせよ、その順列が変わることでその時々に味わう感情が違う、そしてそれらは体の使い方から始まる!

これまで価値観は変わることは少ないなんて思っている人も多いだろう。たしかに価値観群としてはある程度同じかもしれないが、それらの順位づけが変わることにこんなに「人生の豊かさをもたらす秘密」があったとは驚きである。

NLPをバンバン駆使した、パッション一杯のトニーのセミナーは2回目だが、今回もいろいろと気づきがあった。それは、前回よりNLP自体の深いところ、エリクソン催眠まで学んで参加したことによることもとっても大きい。

とは言っても、学ぶ、彼のアプローチをモデリングの対象にするというのは、あくまでも2次的な目的だ。

自分自身の「人生の目的、ミッション・ステートメントを最高のものとして発見し、インストールする」ってことも決して手を抜かない。欲張りな私である。

だから2倍、いや3倍面白かった。前回以上に何をしているのかが判り、自分のブレイクスルーにも忙しかったが、同時にしっかりセミナーの仕掛けを見届けてきた。こういうブレイク・スルーを提供したいって真剣に思ったし、これをやる!と決意させた。

このトニーの強気モードが結構好きだ。自分は豊かで、何にだってなれる。身体の使い方、モノゴトの意味付け=焦点、自分に・他者に向けて会話する言葉、これを選択し、変えれば欲しい人生が手に入るってこと。

なんか「弱々しい自分をもう忘れなさい。」とか、「過去のあなたを傷つけた人とか出来事は、今のあなたに何も手出しできないよ。」なんていうモードの自己啓発セミナーよりずっと「自分を信じる在り方」に基づいているし、「自分の中に全てのリソースが揃っている」という前提によること(NLPの前提である)っていうのが、私自身にもしっくりくる。

かって友人・知人から「このセミナーはすごく良いよ」と勧められて、「自分で見ないで否定する、体験しないで否定する」ということを、排して参加する、時には怪しげな宗教団体の集まりなんかにも、どっちかというと自分の目でみてやろう(その宗教に参加するというより、一体何なのか?を確認する意味)で、その場に身を投じるというアプローチを数多くしてきた。

これも自分の価値観で重要な位置をしめる「好奇心」のなせる業であろうが、自分の基準が「その情報をもたらしてくださった人への信頼」というのが第一にあって、そういう意味では「良いよ」と紹介されたものにまずは参加してみるっていう選択である。

そして、自分の目で見て、聞いて、感じて自分なりの理解をして、自分の視点であることを前提に伝えるということをこれまでも「コメント」する際にやってきた。

ある米国からきた自己啓発セミナーにも参加してみて、ちゃんと自分なりにおいしいところは持ち帰ったが、本質的に「過去の見たくないもの、痛みを感じるもの(これらは全てラベルでしかない)を見ない、恐れない、放っておけばよい」っていうアプローチには、基盤となる自分の人生を全体として心地よく受け入れていない場合、非常にウィークな基盤になるのではないかと自分としては考える。つまりそれらを「受け入れろ」とうのであっても非常に消極的、遠慮がちなアプローチなのだ。

そのため、そういうのに比較して、NLPをつかった「頭のプログラミングを変える」っていうアプローチが、すべてをリソースと捉え、自らの力となる「意味、ラベル」に変えてゆくというほうが、ずっと自己信頼を増すし、強化された基盤として意味があると思っているのだ。

自分のこの体感覚的理解は、その自己啓発セミナーで感じていた違和感を、NLPとの出会いによって明確にし、確信させたことは言うまでもない。そして、アンソニー・ロビンズが世界中の人に支持される所以も、そこにあるのではないだろうか。
[PR]
2年の間に「Mastery University」の3つのプログラムを履修するっていうので余裕だ!と思っていたら、いろんな好奇心に押されて追求して行くうちに「米国NLP協会の公認NLPトレーナー」資格まで取りに、バンドラーの元まで行って、しかも彼の元片腕のクリスティーナ博士のトレーナー資格取得にまで至った。

で、もう「アウトプットの時だ!」と自分の焦点を切り替えたその時に、「Date With Destiny」に出ろ!という時限爆弾秒読みに入ったってことは、この間申し上げた。

こりゃどうすんの、もう資格コースも待ってくれるクライアントさんが居るうちが花だよ・・・・、どうすんの!

随分葛藤があったのだが、やはりこの時期に意味のある決断だったということが、後になってひしひしと増した。

それは、自分のテーマが「日本人の存在意義を宇宙に示す必要がある!」ということに「フォーカス」があったからだ。

このタイミングで日本のアピアランスを高められるか?っていう別の焦点がムクムクしてきた。

シンガポールではホンの20~30名だった参加者。言葉のハードルもあっただろう全く発言しようにも「あてられない」という現実。結構、そのあたりに想いがあって、今回も日本人って何人くるんだろ!?と寂しい思いで何千人かの中にいるんだろうな・・・・ってエンロールのシートをホームページから入力しつつ思っていた。

しかし、あるニュースが飛び込んできた!私のその第二のニーズを充たしてくれる情報だった。

ある有志が「トニーのセミナーを通訳つけて、受けに行く」という募集を行い50名からのグループになっているというのだ。シンガポールの私のサポート担当がメールで教えてくれた。

まったく旅程も組まずにいた私しは、50名なら何かしら「日本」をアピールできる!すかさず、ツアーをアレンジしている方に連絡を取った。

以前参加したことがあるセミナーでコーディネーションをされていた企業であった。まさにこのタイミングですごい助け舟!

グループに無理やり?入れていただき、すでにあらゆる質問書に英語でWebページから答えていたから日本人グループ以外は、アンソニー・ロビンズのセミナー受講生全体でグルーピングが完了していた。しかしながら、今回は日本のグループへの移籍も現地で交渉し、自分ではめずらしく「日本人グループ」に参加したのだ。

たいていこういう環境下ではバラエティを追求する私としては、外国の人と交流するのがプライオリティNo.1というのがポリシーなのだが、今回は別の意味があるとこの選択をした。

これは、間違っていなかった。通訳は2004年に私が「絶賛ものだ!」と感激したクリス岡崎氏が仕込んだ精鋭だったし、究極のパートでは「リーダー」を掛け持ちながら「最高のライブ感あふれる通訳~というよりハート訳」をクリス岡崎氏自らがしてくれた。

何よりもクリスがこのチームを引っ張って、こんな面白くてすごいセミナーを日本人にもっと参加してもらいたいっていう想いで、アウトスタンディングな貢献を差し出してくださった。とってもハートフルで楽しい人だ。日本でWealth Master 英会話クラブっていうどっかで聞いたようなセミナーをやっている。アンソニーのWealth Masteryからとったんだろうな。いい感じ。みんなで幸せになろう、皆で心から豊かになろうってお勧めしているそうだ。英語がつかえるようになって世界中のビジネス・チャンスをつかもうとう主旨らしい(こんど説明会にゆく)。

私は、クリスさんの胸を借りてブレークスルーの涙を流させてもらった!
とってもありがたかった。

我々は、最終日に最高のドーネーションを各人が「自分のやれること!」とストレッチを行い、素晴らしいチームワークとアピアランスをトニーに示すことができた。すっごいことだ。

このチーム、このメンバーと共に過ごせたことに、心から感謝している!

さぁ!この環境で、どんなことをしたのかって・・・・。

それは明日おとどけするね。
[PR]
すごい長さの白砂のビーチを横目に、休憩なんてものが無い(トイレも勝手に行ってという感じ)、食事も限られた日しかちゃんと取れない、受けながらスナックと果物を食べてって感じで、超ハイテンションで過ごした。・・・でも痩せてない!?

これだけでも「非常識なセミナー」なのである・・・が、誰も文句言わない。人間関係のパートでは、ちょっと安っぽい?メロドラマかソープオペラじゃないの!?と思うようなトニーと彼の奥さん、セージのラブラブ状態を、ワークの最中横目にしながらっていうのもあった。でも、ここまで言行一致されてちゃ、文句言えない。

何でもホンモノを見ないと気がすまない性分だ。ここまで見せ付けられたり、彼自身の自己開示については、本質的な力強さの根源となっていて、やはり傀儡でこの状態をしているのではないと確信できる。

すっごい尊敬するとか、すっごく宗教の権化のように崇め奉る対象ではなく、また聖人君子でもない。

まさに生々しく「自分でいる」ということに徹し、そのことをマスト(絶対)というコミットメントでやっている一人の男なのである。そしてそのトニーのニーズが、「愛」であり、男女のロマンスを始め、目の前の誰かが人生の目的やミッションを見失ったり、見誤っているのを、突っ込み、マスト思考で人生を最高のものにしろと自ら実践しつつ誘(いざな)っているのだ。

そこが、何者でもない「アンソニー・ロビンズ」をやっているってことであり、ホンモノの所以だ。日本人のアウトプットのアプローチとは、たしかに違いがあり違和感のある人もあるかもしれない。

ただし、自分が本来リソースフル(資源に満ち溢れていて)で、柔軟性をもつ人間であることに立ち戻れば、このような「アクの強いアプローチ」だっていつでも楽しめるし、そのような変性意識(一種のα波が出だした潜在意識が目覚めた状態)の作り方もまたアプローチの一つ、選択肢の一つとして未知なる方法が開けてくる。

あっ、なんかアンソニーのアプローチと似てるんじゃない?

この振返りブログを書いていてふっと中村天風氏がかって行っていた講和かトレーニングかのビデオを見せていただいたことがあって、まさに「共通してる!」って思った。

そう、かの中村天風氏が進めていた彼の講和というかトレーニングでは、身体・呼吸、焦点(人間として人間らしい在り方)、「あなたはこの世に人として生まれたことですでに成功しているのだ。よもや自分に不安などいだく必要はない。すべて必要なものが与えられ、成功は約束されている。感謝と貢献に焦点をあて、世のために尽くせ。自分の口にする言葉に注意を払え」といったようなことを、すごいパッションと体の使い方をもって教えていらっしゃったのだ。

心と身体は一体、精神というものが自分自身を動かす。そして、言葉に注意をはらえ!すべて同じアプローチなのだ。なんだ、明治生まれの天風氏は、日本人にむけて、アンソニー・ロビンスと同じようにセミナーをしていた人だったんだ。

面白い!すっごく面白い!そういう意味では中村天風氏は、日本人であり、先人だ!

やっぱり日本人はすごい!

NLPで解明されている人間の感情をひきだすという意味でのモデル・・・これが日本の芸能・武道には完璧に完成されているのだから、我々の先人は素晴らしいセンスの持ち主であったのだ。

そういった本質なるものを取り戻し、自分にきっちりインストールするには、これくらいインパクトが必要だと確信しているし、けっして日本人に合わないわけじゃなんだぁ!!

また、話をもどそう!

NLPにしたってアンソニーは「リチャード・バンドラー博士」から学び、そこから「守・破・離」を一気になしとげた。

ここも私が価値をおく「創造力」において魅力的だ。

いつもの余談だが、ここでまたひとつ「手前ミソなアンカーリング」をした。「トニーと私とはバンドラー博士からNLPを学んだ『兄弟弟子』である」っていうのをパワーにした。めでたい、めでたい!

そして、トニーにできることは、私にもできる!

これもNLPの大前提である。う~ん、しびれるぅ~。

彼も直感的にいろいろなものを学び、その統合とアウトプットによって、これらのセミナーをクリエイトしたようだ。

こんなあたりも私のニーズと一致する。

もう、私自身これまでのセミナーやトレーニングのイメージを突き破って、もっと面白いセミナーがやれるぞって気持ちでワクワクしてきた。

Mastery(=主人)に自分の人生を生きる、そしてMust(=絶対にやる)というコミットメント。

「私の人生の目的は何か、私は一体何者であるのか。」

この問いを潜在意識に直接なげかけてみよう!
[PR]
3月末のどたばた資格申請後、またぷっつりどこへ行ったのやら・・・・とお思いの方もあるかと。しばしご無沙汰。

私自身はこの時期、本当は「NLPの資格コースを始めるぞ!」と決めていたにも係わらず、2004年9月の誓い・・・「Mastery University」への参加っていうのが、時限爆弾のように訪れたのだった。

ご存知の方もあるかと思うが、世界No.1コーチで名高い「アンソニー・ロビンズ」の展開するセミナー・シリーズだ。彼のクライアントは、クリントン前大統領を含む大統領2人、米国でも著名や投資家、歌手・テニスプレイヤー、など数限りないセレブがいる。

2004年はその前に、「自分の内なるパワーを解き放て!」って言うんで、もうすっかり野放し状態だったのだが、「Unleash The Power Within」というセミナーに参加した。

彼の技術というのが、独自の領域に至っているが、やはりアプローチはNLPであり、イメージ脳を使うワークが多用されていて、身体に感情のラベルを叩き込んで、「自分の捕らわれているパワーを解放してやれ」というものであった。

そのとき特別エンロールで申し込んだシリーズの履修猶予期間の終了が、近づいていたのだ。で、2年間で3つのコースを受けるというところで「時限爆弾」が秒読みを開始したわけだ。

そして今回の「Date With Destiny」との出会いだ。

4月3日から8日までゴールドコーストでアンソニー・ロビンズの「Date With Destiny」というセミナーを6.5日朝から夜中までエンドレス状態で受けて、まだ変性意識状態かもという領域でブログを書いている・・・。話がまとまらないのだ。実況中継はとてもハードすぎて出来なかったが、今自分には重要なブレーク・スルーが手に入ったことを確信している。

さて、一体どんなものだったかぁ!というと。これは濃い~お話しが一杯で何処から話せば良いものやら・・・・。

また明日にするね。
[PR]
スペルボーン(Spellborn)