<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今日は在る方のお誘いで、成功法則で有名な「ブライアン・トレーシー氏」の来日記念セミナーに参加してきた。

私は、「アンソニー・ロビンス氏」のセミナーを海外で受けたり、彼のマスタリー・ユニバーシティに参加中(3つのプログラムを世界中で展開している)だったりするが、これは大いに成功している人たち、しかも「ホンモノを見てこよう、ホンモノから学ぼう!」の欲求が強いからだ。

NLPもトニーはモチベーション・アップについてとっても上手いと思うし、すごい成功者であるが、そのNLP技術においてのホンモノはやっぱり「リチャード・バンドラー博士」や「クリスティーナ・ホール博士」に違いないというので、トレーナー資格も2つ、それぞれ彼らから頂いた。

話をもどそう、「ブライアン・トレーシー氏」がセミナー中で教えてくれたアプローチは、すべてがNLPの利に適ったものであり、彼自身の成功アプローチのモデルとして積み上げられていたが、またしても「世界の成功者たちは、脳みその使い方をきっちりNLPでオススメしている通り実践しているんだ!」と確信を得たということだ。

焦点=ファーカル・ポイントと彼はいっていたが、それを究極のものに的をしぼり、すでに手に入れているように「現在形で目標を書け」といっていた。イメージをして目標や目的を描きそれをクリアにしろとも言っていた。これらのプロセスが、NLPのワークにはふんだんにある。

そう、私のブログをじっくり読んでくださっている「あなた」なら覚えているだろう。1億円ホームレスの方もこれを実践していた。

で、NLPでは、もう一段階強化型の過去形の前提も使うとこのブログで書いたのを記憶してっくださっているだろう!

イメージを十二分にしてから、言語化し、紙に書くというのを、私はお勧めする。彼ら成功者は、イメージ・トレーニングのことを、簡単にはしょって言うが、本当かここが紙にかいても成功するかしないかの分かれ道だからだ!!

「書く=筋肉を動かす」ことで、潜在意識下に書き込むことが重要、
(ブライアンもそう言っていた)

「失敗したとしてもそれは経験知が増えたとあきらめずに遣り通す=失敗は無い、フィードバックがあるだけ」

ということなど・・・・数え上げたらキリがない。

心理学と言語学そして神経学から成り立っているNLPで全部説明できる。

すべてが「NLPの大前提をそのまま成功法則」に使われていて、驚きであった。

数日前にこのセミナーにご招待(お誘い)を受けたのも「シンクロニシティ=共時性のなせる技」で呼んでいただいたんだと思う。そう、シンクロニシティは引き起こしているのだ。

ブライアンも「まずすぐに1歩行動し踏み出せ!」と言っていた。そして、その行動がいろいろな経験や感情の蓄積をくれ、自己信頼を生むサイクルをつくるのだと。

またまた、

NLPでいうところの「脳みそのプログラミングに成功した」ともいえる「成功実例を見た」

という感でいっぱいで、とってもよいメタファーが増えたといえる。

私は、多くの人に

「『自らの成功法則を創ろう!』とNLPで呼びかけたい」

という衝動に駆られた。

いよいよやるか!という感じだ。

春からNLPの本格資格コース、ビジネスNLP、コーチングといっぱいやりたいセミナーもあるし、共時性からか企業提案の引き合いもいっぱいただいているし、なぜか個人のクライアントさんも、どんどん増えている。

私にもっと「自己バリューの最大化を加速しろ!」というメッセージだな。

う~ん、分身の術でもその前に必要そうだ!
[PR]
「Win-Win Partner・・・NLPのスポンサーシップ」

目の前の人そのものを「人間らしい存在として”その在り方”を認知するとき」

それと同時に、「自分もまた本質と繋がって、人間らしい在り方を追求するとき」

そのときこそ世界、いや宇宙を変える力に成ると信じて疑わない。それは、選択はいくらでもあるということであり、柔軟性を発揮できている瞬間でもある。

瞬間の「一羽の蝶の羽ばたき」なのである。

私の友人の青樹さんが、世の中に『地球交響曲』のシリーズの映画を紹介する活動を数年間続けてこられているが、その『第五番』に出てくるアーヴィン・ラズロ博士のメッセージを伺って、感動した。

今日このメモに膨大な情報メモから行き着いたシンクロニシティにも感謝する。

そしていま、この「NLPのスポンサーシップ」がまさに

「一羽の蝶の羽ばたき」

なんだと妙に一致して、ここに紹介したい。

~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.

   激動の時代には、バタフライ効果という現象が起こりやすい。世界のどこかで
  一羽の蝶が羽ばたいて起こった小さな風の変化が、次々に増幅され、一週間後
  には地球の裏側で台風に発達するという現象です。カオス理論の考え方です。
  これはとても勇気のでる話です。

   たとえそれが、ほんの小さな力でも、正しい時に、正しい場所で、正しい方向で
  発揮されれば、全地球的規模の変化を起こし得るということなのです。

   ひとりひとりの中に変化を起こす力がある。力があるからこそ責任もある。未来
  を開く鍵は、自分の中にその力があることを知ることです。自分自身が変わること
 によって、世界を変えるのです。

           (アーヴィン・ラズロ、『地球交響曲第五番』より)

~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.~.:.


「人類は輝く太陽」という「人間の素晴らしさ」を大前提にとらえるならば、もっと私たちは「柔軟性を発揮できるであろう!」と感じる。

今起こっている世界中の対立も、柔軟性のなさの結果であると感じる。

柔軟性は、「一羽の蝶の羽ばたきそのものだ!」

「脳みそ=思考・感情」のラベルと、「身体(からだ)」、そして「心」は一体。だからこそ、この「からだ」で腑に落ちる必要性がある。

それらがこのNLPの源流のプログラム(米国NLP協会のリチャード・バンドラー博士=創始者とその元片腕=メタ・マスター・トレーナーのクリスティーナ・ホール博士の提唱するNLP)には、ふんだんに盛り込まれていて、そういう存在になるための体感覚的気づき、潜在意識的リソースフル状態を経験させてくれる。

あぁ、やっぱり私が感じる「あなたのバリューの最大化!」をやってゆく必要がると感じるとき、このNLPは欠かせないアプローチであるのだ。そしてコーチとして「言語化」のプロセスを手伝う上で、このバックボーンは大いなるパワーを持つことになる。

人を操るのでもなく、人を誘導するのでもなく、「その人の潜在意識の中にある本質へいざなう」のだと確信する。(ときどきこれらを違う方向に使うことがパワーだと思い込んでいる人が居るようだが・・・・・悲しい!)

余談に、「パワーかフォースか?」って話もあるが・・・・。

そして、私はあるとき「NLPのスポンサー・シップ」という考え方に、また自分の求めている関係性の真理―「Win-Win Partnerの関係」と同じものを見る。

「あなたはあなたのことを思い考え、あなたでいることについて一生懸命で居てください!」

   そしてそのことが、

「私に力をくれるWin-Winの関係であることは間違いありません。」

   という感じ。

そう、そして、私はコーチとして「今目の前のあなたについては、すでにWin-Winですが、もっとより大いなるあなたの可能性と本質なるところで『あなたが在ること・居ること』で、それはWin-Winの最大化に繋がる」というところにおいて、「一層の進化を誓い合いたい!」と思うわけです。

そう、あなたが、そしてわたしが、「本質なる、可能性を生きている、素晴らしい存在である自分」を認知し、その状態であることについて一貫していることこそが、あなたが私に勇気や愛や気付きをくれる存在であることの証。

同時に、私自身もあなたにとっての「そういう存在」であるということ。

これがスポンサーシップである。

何も差し出していないようでいて、

「ただただそういう自分であることこそ」

目の前の人に「Win-Winを差し出せる」・・・

なんて素晴らしい関係性なんだ!

「Win-Win Partner・・・NLPのスポンサーシップ」

私たちがこの「人間らしい存在であることを愛でるとき」発している影響力は・・・・・

  「あなたはあなたが本質なる自分であることに、一生懸命でいて下さい!」

そのことが、

  「私に力をくれます。エネルギーを感じさせます。あなたが居てくださってありがとう!の感謝   を感じさせてくれます!」

そして、「私は私自身の本質なる私であることを、一生懸命最大化します!」

それは、きっと「一羽の蝶の羽ばたき程度であるかもしれませんが、必ず何かの影響の輪を広げている。」

そう信じて疑わない。
[PR]
ほんとうに久しぶりのブログでごめんなさい・・・・。

2006年に突入以来初めてなんていうとんでもない間隔をあけてしまった。m(_ _)m
そして、何人もの方から、「ブログ待ってますとメッセージをいただいた」、こんな私のブログを待ってくださる人が居てくださることに、今日の勇気をいただいている。

本当にありがとう! (*^3(*^o^*)☆Chu!!

それはなぜ?と振返ると、あまりにも自分の進化・変化が加速しすぎて、どの時点での切り口で「言語化するのか」に躊躇があったといえる。

この進化・変化はどちらかと言うと、「潜在意識における!それ」であって、これが顕在化するにはもう一息!ってところだろうか。

1月からは、自分の米国NLP(TM)協会 NLP(TM)トレーナーとして、自らの資格コースを立ち上げるにあたり、最終確信(×確認)のため、「リソース・パーソン」としてのマスター・プラクティショナーに参加というミッションを全うするため大阪と東京の行き来ばかりしていた。

そしてそのNLPで特にリチャード・バンドラー博士(創始者)の行っているNLPの特徴ともいえる「NLPの源流」でもある「ミルトン・エリクソン・モデル」の根幹にある「エリクソン催眠」についても勉強した。

そのために、毎週末大阪出張という羽目になり、且つ、ええ~い!とコーチング・クライアントさんにはご無理を言って、大阪と東京、名古屋、といった関係でセッションをさせていただいた。

私が「柔軟性が発揮できる」のは、それは同時に周りの皆さんの「柔軟性をお借りしている」ということだ。感謝!感謝!

ただ、この2ヶ月弱は、殆ど「潜在意識のままで居た」というか、「潜在意識といつもつながっている」という状態を感じていたといえる。よーく考えると、会社の決算作業と平行した1.5ヶ月だが、睡眠時間もトータルで非常な少なさだったと思う。

ある人に言われたことがある。

「コーチは、潜在意識と繋がっている時間がながい(目覚めていても)から、睡眠時間が少なくてすむんですね。」と。

そうかもしれない。この間、セミナーに参加し、懇親会にも参加し、決算作業もし、トレーニングの宿題もこなし・・・・で、きっと48時間近くおきっぱなしという日もあったと思う。

それでもやれたのは、今日までの時間「潜在意識ワーク」が多かったおかげだろうか。それは同時に、NLPのセミナーでもそういうワークが中心にあるので、必然的に「潜在意識を使っている状態」が長いという結果になる。

そのことが、無意識下に大いなる変容をもたらし、且つ自分のとどまるところのない可能性にむけた進化に、どこで節目をつけてブログを書くのか迷っている間にとうとう「そのセミナー・トレーニングが終るまで」手が付けられなかったというのが正直な感覚である。

やっぱりNLPは素晴らしい、こんなに奥深い「目に見えない世界(自分の中と外と両方)」を感じさせ、確信させ、そしてそれはそのまま

「人類は輝く太陽」という「人間の素晴らしさ」

を再認識させてくれる。

すごい潜在意識下にあるリソースとアクセスさせてくれそうだ。

また、ブログに書きたいことが浮かんできた。

つづきは、明日!(*・ェ・*)ノ~☆
[PR]
スペルボーン(Spellborn)