<   2005年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

いよいよ「魔法の道具箱」の蓋を開けてみる?って、Win-Win仲間に集ってもらうために「米国NLP(TM)協会公認NLP(TM)トレーナー」の本領発揮ってことで、セミナーをすることになった。

2年弱、自分の思考パターンの再確認とそれがどう幸いしているのかをNLPで解明するたびに、「楽に上手くゆく!」って身をもって楽しんでる自分を確信して、なんだみんなもっと肩の力抜けばいいのにと、NLPを伝えたいと思ってきたのだ。

2002年にもう、「このブランドはいらない、私のブランドで生きて行こう!」ってフッと思って独立し、その年のコーチング・ビジネスですでにサラリーマン生活の給与を上回る価値を出した。

世間がまだコーチだけで独立している人が殆ど居なかったころだ。一人でコーチングは天職だと確信し、また、これは天命とでもいうべきミッションだと感じ、今日まで来れたことの幸せ。

そして皆様に認めてもらって会社を設立し、通算して早6年。すべてクライアントさんを始め皆さんのおかげ。そして自分の「自己信頼」があってこそ、このことは始まったのだと思う。

会社でのミッションで出す価値より、絶対にこっちで出す価値のほうが「より大きな目的と意図に繋がり、バリューとして絶対により多くのものを生み出す!」と確信し、そしてそれはその年には証明された。自分の価値の最大化こそが、生まれてきた意味だとわかった。

そして今、コーチングとNLPの最強タッグで、相乗効果をここに生み出したいと考えている。

いろんな人が私を助けてくださって、そして今も助けてくださっている。シンクロニシティーは、偶然起こるのではなく、潜在意識が意図をもったときに「自ら引き起こすのだ!」とこのごろでは思っている。

いよいよやる!

本格的資格コースやビジネスNLP集中コースもやるけど、「いったいどんなものなのよぉ!」という方々に体験して、ちょこっと「魔法の道具箱」の中身を教える。もっと「自分の価値に気づいてよ!」って。

人間の無限の可能性とリソース(資源)を余すところ無く使うために、このパワフルな道具箱は一人に一個って言いたいところ。

まずは、興味あるかたいらっしゃいませんかぁ!待ってるから!

==================================================
あなたの人生、あなたのビジネス、あなたの人間関係を成功させる「究極の魔法のツール」・・・それが、NLP™(Neuro Linguistic Programming)「神経言語プログラミング」です。

NLP™(神経言語プログラミング)とは、「最高の人間関係を手に入れさせてくれる」「本来の自分らしい自分を呼び覚まし、力強い存在で居させてくれる」という、まさに自分自身と、そして他者との究極のコミュニケーションを実現させ、柔軟性の発揮とともに、素晴らしいWin-Winを引き出せる「魔法の(心理学+言語学)アプローチ」です。

プロフェッショナルのコーチ、キャリア・カウンセラー、セラピストなどをはじめ、コミュニケーションを仕事にする人たちにも、そのエッセンシャルな技術は大いに役立ちます!あなたのプロフェッショナルなワークに磨きをかけませんか?

人間は死ぬまで学び続ける存在であり、このNLP™(神経言語プログラミング)が優れているのは、「人間の卓越性に焦点を当てている」ところにあります。欧米のエグゼクティブ、社会のリーダー(スピーチの達人と言われる前クリントン大統領もその1人)とも言うべき人々が絶賛し、彼ら自身、自らも学び実践している「究極の道具箱(ツールたち)」をあなたも是非手に入れてください!そして、欲しい人生を創り上げるD. I. Y. (Do It Yourself! )のために使ってゆきましょう!プレゼンテーションの能力も格段に違ってきます。

「カリスマ(=あなたの存在意義を明確に表明すること、人を魅了すること)」を手に入れる」究極の『人間性を磨くことを意図したツール』です。私たちは、その精神にも重きを置いてこの「魔法の道具箱」をご提供します。

どうぞ、1日体験セミナーでそのほんの少しを体験してみてください!当日はランチ懇親会もあります。

■開催日■
第1回: 2005年11月13日(日) 9:15-16:00 レストランボングー2階レストランフロア
第2回: 2005年12月10日(土) 9:30-16:45 レストランボングー2階アカデミーホール
第3回: 2005年12月11日(日) 9:30-16:45 レストランボングー2階アカデミーホール
※3回とも同じプログラムの予定です。プログラムは予告なく変更される場合があります。詳しくは、お問い合わせ下さい!

■会 場■ ※添付の<地図・ご案内>をご参照ください。
フレンチ レストラン ボングー
2階 アカデミーホール/2階 レストランフロア
 東京都文京区小石川5-6-9 ドミ小石川 1F & 2F
 Tel:03-5319-1233 Fax:03-5319-1235
 地下鉄丸ノ内線 茗荷谷駅 徒歩2分

■コースの特徴■
・自分や他者とのコミュニケーションを潜在意識レベルで可能にするとはどういうことかを体験できます。
・感性の力を高めて、潜在能力の開発と発揮をサポートするNLP(TM)のアプローチが体験できます。
・米国NLP(TM)(神経言語プログラミング)協会創始者であるDr. リチャード・バンドラーの認定資格コースへの参加前に、演習ワークなどの実態をご体験いただけます。

■講師(トレーナー)■
株式会社コーチングネット
代表取締役  木村 佳世子/米国NLP™協会 公認NLPトレーナー
取 締 役  加納 泰代/米国NLP™協会 公認NLPトレーナー

■主なプログラム内容■ ※プログラムの詳細は、予告無く変更されることがあります。
・ラ・ポールを形成し、保持する
・言語&非言語のペーシングとリーディング
・表象システム(感覚の叙述語とアクセシング・キュー)
・言語&非言語の反応の誘導
・感覚的な体験のキャリブレーション
・アンカリングの導出、インストール、活用


■お申込み■ ※お問い合わせの上、お申込みください。詳細について、ご連絡申し上げます。ホームページ: http://www.coaching-net.com (2005・10・28~お問い合わせページ)
 
 
    

                             
[PR]
今月はブログ、気がついたらまだ1回も書いていなかった・・・・。

まぁ、「書くべき」「書かねばならない」と、もともと「べき」「ねばならない」の無い人だからいいんだけど。それでもなぜか「書くときに構えているのかな?」とふっと思った。

いやぁ、月の初めからいろいろ忙しかったなぁ~。で始まってもよいのだ。

先月から共時性=シンクロニシティに興味があって、マルセイユのカモワン版タロットのリーディングを勉強し始めた。カードは全て自分の潜在意識が引き当てさせ、リーディングはまたすっごく奥深い「潜在意識」を呼び覚ますのだ。すっごく面白い。これは占いではない。はっきり言って自分のなかの答え探しをカードが示唆し、共時性まで示してくれるのだ。

それから、7月26日から始まったマヤの13の月の暦、この意味も結構人類の叡智だと思えるものを感じて小原大典さん「13の月の暦」の本と、その勉強会「時空のサーファー」の講座に行った。途中の回だったので難しかったがやっぱり「叡智」ともいうべき暦で、人間のシンクロニシティにカレンダーが大きく作用するから「グレゴリオ暦」は、イマイチ宇宙の法則からズレているというか宇宙のリズムを無視しているところがあって、人間の行いに影響しているという説にはうなづける。この地球上から戦争や飢餓がなくならないのは、そういう同じカレンダーで動いているパワーが宇宙の法則からズレさせているのが災いしているのかも知れない。

そしてこの考え方、見えるもの見えないものもすべて本当は存在していない!?時空は自分から放射状に広がっていて、人間はどこにでも瞬間移動できるのだという考え方も真理かと思える。時間、意識というものはそういうものであると。

妹が私の買った「心訳 般若心経 生きて死ぬ智慧」(柳澤桂子さん)の本を先に読んで「般若心経ってこのマヤの考え方とおんなじこと言ってる!」っとシンクロした情報に驚いていた。マヤの暦も宇宙とシンクロして人間が成長・進化するように仕組まれていました。それはまさに観音様が求道者として人間の道を究めた存在となられたそういう道のりのようなものである。これがまったくシンクロしているのだ。

そうそう、マルセイユのカモワン版タロットでも「タロット・マンダラ」といって、愚者がいろいろな学びや進化を経て世界という天上界へと上り詰めて行くようになっている。

おお、なんというシンクロニシティなんでしょう!

潜在意識が、人間として宇宙とともに学べと私に言っているんだなぁ!

般若心経のそれは、柳澤さんの心訳によるとこうだ。


すべてを知り
覚った方に謹んで申し上げます
聖なる観音は求道者として
真理に対する正しい智慧の完成をめざしていたときに
宇宙に存在するものは
五つの要素があることに気づきました

お聞きなさい
これらの構成要素は
実体をもたないのです

形のあるものは形がなく
形のないものは形があるのです
感覚、表象、意思、知識も
すべて実体がないのです

お聞きなさい
彼はこれらの要素が「空」であって
生じることもなく
無くなることもなく
汚れることもなくきれいになることもないと知ったのです


お聞きなさい
私たちは、広大な宇宙のなかに存在します

中略

お聞きなさい
あなたも宇宙のなかで
粒子でできています
宇宙のなかの
ほかの粒子と一つづきです
ですから宇宙も「空(くう)」です
あなたという実体はないのです
あなたと宇宙は一つです

・・・・・この私のブログ、やっぱり濃い~ですかね。ひろきさんのコメントどおり。

そう、宇宙とやっぱり一つになるんですよ人間は。

柳澤さんのあとがきでもまた、私の思っていることにシンクロした。

私は常日頃二元論者じゃないと言っている。「ポジティブ・シンキングだね」と言われると、いいえ、私はそうじゃない。「ポジもネガもないんです。それは一つ、一元です」ってね。

柳澤さんが書いている。

「釈迦と言う人は、ものすごい天才で、真理を見抜いたと思っています。~偉大な宗教というものは、ものを一元的に見るということを述べているのです。『般若心経』もおなじです。」

「私たちは生れ落ちた時点ですでに、ものを自己と他者というふうに振る舞います。これは本能として脳の中に記憶されていることで、赤ちゃんが考えてやっていることではありません。けれどもこの傾向はどんどん強くなり・・・二元的な考え方に深入りしてゆきます」

そう、この本能の記憶が自分と対象物という見方をするところに執着が生まれ、欲の原因になるのだと。

そしてこれを一元的にみたらどうなるのか?二元的にものを見ることになれた人には、とても難しいことである。でも、私たちは原子からできていて、原子は動き回っているために、この物質の世界が成り立っている、宇宙を原子レベルでみたらどうなのか。

私たちの考えは一つであり境目がない、先のカレンダーによる全世界の意識のシンクロが今現代の意識を作っているのと同様、物も原子の濃淡でしかないとしたならば、あなたは私であり、私はあなただとも言える。

う~ん、究極の悟りがここにある。昔、サイババの言葉で「あなたの中にも真理があり、神がいる」と言ったことがとても記憶に残っている。こういう濃いところもある。

そう、外の偶像的神やそういったものを信じていない、もっと真理とでも言うべきものをずっと探していたし心、自分の中にそういった存在があるように感じていた。

スリランカの仏教寺院で一生懸命祈りをささげる小さな子供たち。彼らが何をお祈りしているのか聞いてすごく感銘を受けた。

「お釈迦様のように人間としての究極の学びと悟りを得られるように」と、人間として最高の生き方ができますように・・・・だと。なんだか、日本のそれと大きく違っていて、人としての生きる道をもう一度考えさせられたことが思い出される。

柳澤さんは、「あなたもありません。私もありません。けれどもそれはそこに存在するのです。物も原子の濃淡でしかありませんから、それにとらわれることもありません。一元的な世界こそが真理で、私たちは錯覚を起こしているのです。このように宇宙の真実に目覚めた人は、物事に執着するということがなくなり、何事も淡々と受け容れることができるようになります。これがお釈迦さまの悟られたことであると私は思います。」とあとがきで書かれている。

そう、色即是空 空即是色 だ。


中略

実体がないのですから
「空」には
物質的存在も 感覚も
感じた概念を構成する働きも
意思も 知識もありません

眼の領域から意識の領域に至るまで
すべてないのです

・・・・・・・・ 全て紹介するわけには行きませんが、

この究極の「空」について、これは何かに似てる・・・・・・

そうだ、NLPの前提 「地図は領土ではない!」

そう、みんな地図で理解しているがそれは空であって存在しない。そういったものに人間は振り回され、ないものについて「感じた概念」「意思」「知識」で勝手にラベルを貼って、まさに領土だと思い込んでいる。

このことが、今、国と国との争いになっていたりする。

すべては「空」なんだ。

なんでこの地球上で争うんだ?「空」なんだから。

先にすすもう・・・・・・・心訳 般若心経

真理を求める人は
まちがった考えや無理な要求をもちません
無常のなかで暮らしながら 楽園を発見し
永遠のいのちに目覚めているのです
永遠のいのちに目覚めた人は
苦のなかにいて 苦のままで
幸せに生きることができるのです

中略

このように 過去・現在・未来の三世の人々と
三世のほとけとは永遠に存在しつづけます
深い理性の智慧もまた
永遠にわたって存在するということです

アトランティス、ムー大陸、いろんな時代があったのだろうが、我々は科学の智慧を持ってしても逆行しているのかしら?

またあの映画の広告がよみがえる「人類は駆除される!」

う~ん、今日は潜在意識が学んでいる状態だなぁ。
[PR]
スペルボーン(Spellborn)