<   2005年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今週は妙にコーチングをしていて、クライアントさんの「焦点」がシンクロニシティでテーマになり続ける週でした。

私自身の焦点も「マヤ暦」とか「時間をはずす日」なんてことに焦点があたると、あるメルマガから「13の暦」の話題が届いたり、コーチ仲間からは「今日13の暦の新年度版が送られてきたよ」と電話の話しのなかで聞いたりして。この暦はものすごく面白い。マヤの人たちがどれくらい優れていたのか、太陽系の宇宙人として現代の地球人よりはるかにスピリチャルな存在であったことは間違いないのでは?と思うほどです。で、このことはまた今度触れるとして・・・・。

「焦点」の先について、人は頭の中で考えたり、ちょっとイメージしたりとどんどん頭の中の焦点の先は変化し続けているのですよね。ですから、焦点を意識的かつ「リアル」に描き、そこにフォーカスしていないと、あっとい言う間に違うものを見てしまっているということなんです。

よく、NLPやコーチングで「アウトカム(ゴールを手に入れた状態とか、ゴール自身)をイメージして焦点をあて行動しましょう!」とクライアントさんが何かを発見し、自分のビジョンや方向性を知り、向かってゆくところについて何らかのイメージが出てきたとして、実際その結果にいたることが難しかったり、なぜあんなにゴールイメージしていたのに、たどり着かなかったのだろう?というようなことが起こります。

そこでコーチングでそのプロセスを紐解いて聞いて行くと、それぞれの人が一瞬(本人はそう思っている)なり、何か違ったものに振り返り(トラックバック)を持ったりしたときに、すでに違うものを味わって現実化するようなリンクを貼ってしまっているということが判ったりします。

今回のこのことで「こういう結果がほしいのだ」・・・時にこれもイメージの階層が浅すぎて、本当の究極の手に入れたいゴールとは違っていたりするので厄介だが・・・とイメージしてからやったそうなのだが、遣りながら何を感じたり、ふっと思ったりしたか?と質問すると必ず「こんなこと言っても理想論と思う奴もいるんだよなぁ」とか、そうはいっても「理屈、屁理屈並べる人は必ず居る」とか、そういうのを乗り越えて「大変な思いをしてこれをやり遂げるんだよなぁ」なんてチラ、チラッと想像しているんです。

こうなったら「さぁ、大変!」もう焦点はゴールなんかに当っていない(たとえ上滑りのゴールであっても)、そこは「大変な抵抗勢力が現れたり」、「自分に嫌~な思いをさせてくれる事件・案件」なんかが起こってくれたりと大忙し状態なのです。

まさに、これが「思考は現実化する!」なんですね。

皆さん、まさか自分がそんなとこに焦点あてているということの自覚すらなくなって、今度は「聖人君子的」に「いやいやそんな風に人のこと思っちゃいけないよ」とか、「自分承認的」に「こういう困難を乗り越えてでもやって行くんだよなぁ」と妙なミッション・インポシブルをくっつけちゃったりするんです。そういう人は、かならず「困難・努力」っていう魅力にとりつかれて廻り道しています。

で、ひとつの質問!

「皆さ~ん、何かが足にまとわりついたら、それを取り除くために何をしますか?」

そう、まずそれを見て、
焦点を当てて
それを取りに行き、
ワシづかみにして、
それを取り除こうとする!
ですね~。

それをやっちゃっているってこと。

私の知り合いの茜ちゃんの「スター・ウォーズ」の話で焦点のテーマがあって、とうとうこのブログを書くことに。ずっと今週このテーマだったので書くっきゃないって感じです。

これも焦点が当っているからこんな時間に、彼女の日記だけがなぜか目に留まり、そして返事コメントして、このブログに一気書き!?状態。

このテーマ、次回はスターウォーズから学ぼう!
[PR]
今日は、自己紹介のつづきで以前ブログでお知らせした、私のインタビューが掲載されている「プロ・コーチ メールマガジン第28号」特別4回シリーズ!!の第3回目のURLをご紹介させていただきます。m(_ _)m

このURLがお知らせできるのは、「コーチ・サポート・クラブ」さんが、バックナンバーを一覧公開してくださっているからで、実際は、同日付けにて第4回目の最終回が会員の皆さんにメールマガジンとして紹介されているわけです。

「コーチ・サポート・クラブ」さん、そして、「オフィス・ファインネット」さん、ありがとうございます。

それでは、第3回目をこのブログ読者で、首を長~くして?(^-^)ノお待ちくださっていた方へお届けいたします。


http://www.1webart.com/mm2/MMDisp.cfm?User=fine.1webart.com&Group=-1&n=50&d=no

もちろん、第4回目をすぐにでも!と言う方は、無料ですので「コーチ・サポート・クラブ」へご登録のほど、お願い申し上げます!

コーチサポートクラブ → http://www.coach-support.com/sub05_01.html

だんだん、第4回目へ向けて、「爆裂トーク」が加速してゆきます。(*^_^*)
[PR]
24日にまたまた知り合いのチャーりーさんから、マヤ暦とおなじ考え方で「時間を外した日!」というのがあるって聞きました。

この様な話しがどんどん繋がる共時性=シンクロニシティも面白い。

そう今日、7月25日がそのマヤ暦の終わりの日、そして「時間をはずした日!」として日本でもあちこちで行事があるそうです。東京の杉並区でもあるよ!と教えられました。

この「時をはずした日!」というのは、地球が太陽のまわりを1周する間に、月は地球のまわりを13周しますが、この自然のリズムに基いて作られた「13の月の暦」(=マヤ暦の考え方)には、一年に一日だけ特定の月や曜日を持たない日があり、それは毎年グレゴリオ暦の7月25日に対応するそうです。

この日を「時間をはずした日」として、日常生活や仕事などから意識をはずし、「時間」から開放された自分を大いに楽しもう!・・・これがメッセージで各地でイベントがあるそうです。

その中に毎年行われている大宮八幡宮(杉並区)の「時間をはずした日の祭事」があるとか。午後5時からというのも何かワケがあるのでしょうね!?

今日、私も「時間をはずした日!」を楽しんでみようかと思い立ち、このブログにアップしました。

皆さんも今日1日「時間をはずした日」を味わう、そのことについて「考える」、自分が時間をはずしたらどんな風に生きるのだろう?なんてことをイメージする、そんな1日を過ごしてみては?
[PR]
今日、ある人から、「マヤ暦って聞いたことあります?」と尋ねられました。

私は、マヤの暦のことだよね?確か24時間1日としても狂いがでてくる、1ヶ月が私たちの現代の暦と違うというような程度の知識でした。

彼女の話だと、ちょうど「マヤ暦」でいうとこの数日は暦の終わりに当たるし、7月25日の調整日には、人間が今生で「何を学んでいるか」「その学びは意図されたように進んでいるか」という宇宙の中での確認があり、ある種「フルイにかけられる時」なんだそうです。

そこでまた彼女の質問、「このところ凄い勢いで学びや気づきが起こってるんじゃないですか?」

私は、この数日から今年1月まで振り返り、「う~ん、凄いって言えば凄い。面白い発見は一杯あって、それが確信という形でどんどん私自身の腑に落ちている」そんな感じ。NLPを学んだのもその一貫といえばそう。

この間も、学ばせてもらったってことが、「『本物で居よう、本物になろう』と人は皆思っているのに、ある瞬間に何かに焦点が当たってしまうと『その人はマガイモノをやってしまう』になってしまうんだなぁ・・・」なんて皮肉なことだろう。そういったことが自分の周りの人に起こっていることを振り返っていると、感じるところが深い。

そして、このことは、私に「これを学ぶ必要がある」「知る必要が在る」と必然的に廻りに起こっているんだ・・・なんてことが、毎日あるよって一気に答えていました。

彼女は続けて、今フルイにかけられる中で、「学びや気づきが進んでいる人」は、「今生での学びが進んでいて、来世での魂の学びは、あらたなレベルに向かう必要があると決められる」、その一方であまり変化や気づきがないような感じの人には、もしかすると「来世もまた同じような学びをする必要があると決められる」そういう選別が行われる時期らしいと。

そこでまた私が参加している中島孝志先生の研究会でのことに意識がトラックバック(振り返る)しました。

今年最後のテーマが「幸せの原理原則」だったんですが、「運命・宿命・天命」これらのことを皆さんはどう捉えますか?定義しますか?って質問があった瞬間へ。

私自身は、生まれる前にこれを学ぶ、この経験をすると決めて人は生まれてくる、私は天命っていうのを定義するとき、スピリッツ、スピリチャルなものが自分自身のコアに刻み込んだテーマを人が直感のようなもので感じ取って動いている状態で、俗に言う「天命を知る」ってこんな状態?と思っています。

そして運命や宿命っていうのは実際そこに生まれる前につけた自分自身の学びを彩るための「条件設定」だと考えていて、運命も宿命も決して自分の外から押し付けられたものではない!って気がしている人です。自分には今現世でどうにも成らないと思っていることも、実は生まれる前に自分が決めていたのだと考えると、すっきりするなぁ!と。

そういう意味で、彼女のメッセージは、へぇ~、そうか、じゃぁ何か万物の創造主(私の思う神)は、それをちゃんとやっているかどうか見ているんだぁ。

ふぅ~ん、面白い・・・って感じました。

ただ、自分がいろんなことに気づいている、学んでいるといっても、このスピードが天命で枠組んだスピードかどうかも判らないので、フルイにかかってどう決定されるのか?は、また判らないってことですね。この基準をしっかり体感するのもまた、「自分自身なんだ」という意味で、加速されることだけが絶対的に良いとは言いませんが、このスピード感は「自分の価値の最大化に意図したものか?」って質問することにします。

こんなようなことを日々感じたり、気づいたり、好奇心の塊になっている今日この頃です。
[PR]
ブログの特徴として「トラックバック」があるけど、ヘルプを見て構造については判るのですが、どうもどっちのトラックバックURLをどっちに入力して、どっちのテキスト画面にコメント書くのやらが判らない!!!

そうだ、NLPプラクティショナーとNLPマスタープラクティショナー仲間だった「むっちゃん!」が、以前ブログでの「トラックバックの薦め!」をMLで書いていたなぁって思い出しました。

持つべきものは、ともだち!早速たずねてみたら、なんとこんな時間に返事が来ました。私と同じ穴のムジナ?

何はともあれ、トラックバックの遣り方をすっごく判りやすく教えてくれました。
むっちゃん、ありがとうございます。(*^_^*)

そこで、彼の「夢を追いかけろ!」のブログサイトを紹介いたしま~す。

これで練習させてもらうんだぁ!・・・・むっちゃん、このトラックバック練習だからって、削除しなくていいですよ!このまま載せといて!

ちなみに、私はITリテラシーが無いわけではありません(念のため)!

-------これくらいやさしくヘルプで書いてくださ~い!エキサイトさん-----

おはようございます。むっちゃんです。

トラックバックURLってのが私のブログにあるのを、かよりんさんの管理画面のトラックバックURLってところにコピー・貼り付けします。

そして更新。そうすると、かよりんさんのサイトのURLが私のブログにリンクされるのです。

ためしに、http://plaza.rakuten.co.jp/muttyan/diary/200506020000/
のページにある

http://tb.plaza.rakuten.co.jp/muttyan/diary/200506020000/
のトラックバックURLを

エキサイトブログの管理メニューにトラックバックURLを入力してブログ更新してごらん。

そうすると、 http://plaza.rakuten.co.jp/muttyan/diary/200506020000/

のページにかよりんさんブログのリンクが貼れますよ。

あとから削除しておくので練習代にでもどうぞ^-^

--------------------------------------------------------------
[PR]
アンドロメダ葉月さん、

このパステル画いいですね!なんだか腕白時代を思い出します。私も本当に男の子しか「あそぼ~」って言って来ないね!と母に呆れられた記憶がありますが、サクラの木に登って忍者ごっこ、ツルのある木のツルに捕まってターザンごっこしたり、そうそうインディアンごっこで男の子の顔に翌日でも消えない絵を書いてあげたこともあります・・・!

あのころから思いっきり遊ぶのに長けていたなぁ。あのころから恐れを知らない能天気だったなぁ。

おじいちゃん、おばあちゃんの家に夏休み行くのが大好きでした。

あぁ、アンドロメダ葉月さんは、もっと哲学的なことを仰っておりましたね。

でも、この絵からトラックバック(これまさにNLP用語)した先がこんなに楽しいあのころなんだから、一枚の絵のパワフル・アンカーリングは偉大です!

ありがとう!
[PR]
これまで重い腰を上げなかったかよりんですが、Mixiで日記を書いてみて、「な~んだ、そんなに構えなくても大丈夫だ!」って感じました。

それも、このSNSの参加者の皆さんが、とっても優しいコメントを下さって、「本質的にみんなとってもステキな人!」というのが人間なんだし、私はそういう人と「繋げてもらっている!」って神様に感謝し、確信しました。

皆さんに、外部のブログで公開する勇気をもらったので、早速これまでの5日間のブログを移転させました。

こちらにはリンク貼ります!

どうぞこれからもよろしくお願いします!

とりあえずブログのURLは、

http://diginto.exblog.jp/

です。「突っ込み愛」の精神で、Dig Into 突っ込み、探求します。

残念ながら、私どものプログラム[Self Explore Program]からexploreをURLに命名しようとしましたら、すでにどなたかいらっしゃって・・・。早い者勝ち、スピードは命ですね。

P.S. Mixi でブログにコメントしてくださった皆さんのコメントを移転して「非公開」にしているのですけれど、「ヤメテェ~!」と言う方、ご連絡をMixiのメールでください。すぐ外します。

非公開コメントでも見れちゃうのかな?ちょっと不安なもので。

【Mixi日記でのお仲間へ】
この後ブログは外部ブログなので、「日記」のバーをクリックして読んでくださいね!m(_ _)m
(Mixiより移転しました)
[PR]
皆さん、こんばんは。かよりんです。

15日夜から16・17日と3日間、私がこれまで学んできたコーチング・メソッドとは別の国際コーチ連盟認定プログラムを創られた米国のマスター・コーチの日本初紹介スペシャル・プログラムを受けてきました。

まさに、びっくり、このマスター・コーチであるハナーテ・デ・アンジェロ女史から繰り出されるメッセージが、私の想いと同じでしかも使っていらっしゃる言葉(英語ですが)と私の日本語+カタカナ英語!?とまったく同じで、メッセージとしてダイレクトに入ってきましたし、自分の伝えたいことがこの方と共鳴してまさにここに出会ったんだなぁと感じました。

驚きと喜びの3日間で、自分の生まれてきた意味をますます確信する3日間でした。

ここでのメッセージは、また私のプログラムやブログなどで別の機会に知っていただけたらと思います。

さて、今日はこのスペシャル・プログラムを実現された仲間であり、私の大切な友人である赤木広紀さんが主催されている「コーチサポート」のサイトで発行されている「プロコーチ紹介」のメールマガジンに、私のインタビューでの話しが掲載されています。

このメールマガジンは「プロコーチを目指す方」「プロコーチの方」を特に対象に、プロフェッショナルとして成功している(かよりんも6年弱しっかりプロでやってきてますので、とりあえず!?)コーチのそのノウハウ紹介というのがメインであります。

なにせ、6年弱の話しなので、終わりに行き着かなかったのですが・・・3回シリーズ定番のところを4回シリーズにまでしてくださって、現在1回・2回が公開されております。

【1回目】
http://www.1webart.com/mm2/MMDisp.cfm?User=fine.1webart.com&Group=-1&n=48&d=no

【2回目】
http://www.1webart.com/mm2/MMDisp.cfm?User=fine.1webart.com&Group=-1&n=49&d=n

【プロコーチ向けサイト】(登録無料!)
http://www.coach-support.com/sub05_01.html

もしご関心がございましたら是非読んでみてください。

尚、コーチとしてどうやってきたのか?がメインのトピックなので、私自身の全体像ではありませんので、コーチを目指していない方にはどれくらい関心を持っていただけるかわかりませんが、ご容赦を。

まさに、多くの人に助けられたことに感謝をこめて!
(Mixiから移転してきました)
[PR]
おはようございます。かよりんです。今日はちょっとまともな時間に書いてます!

12日の幻の日記を書き改めてみようかと・・・・。長いけど!

「ホワイトバンド」ってご存知ですか?私のお知り合いの皆さんはいろんなことへの感度の高い方々なので、きっともう「私もホワイトバンドつけてるワ!」って方が殆どなのかもしれません。

私は、12日の朝にあるサイトからそれを知り、購入のオーダーをしたところです。仲間にも配るか!と初めての行動「まとめ買い」もしてみました。

ご存知のとおり、私はBeingとしてコーチであり、NLPのトレーナー=「人間が一生学び続ける存在である」とした時に、その学びの仕掛け、学び続ける先のゴール=アウトカムを最大化することに貢献・サポートする存在を選択しております!(大層に言うのがこれまた良い!)

そこで、なぜホワイトバンドを購入してみようと思ったか!と言うことをシェアしたいと思いまして・・・。

http://hottokenai.jp/white/index.html

このホワイトバンド、あの中田選手や世界中の意思あるリーダー、著名人(スポーツ選手、ミュージシャン、俳優、あらゆる人たち)がNGO、NPOのメッセージを伝える役割をする中で、この単なる白いラバーバンドを腕にすることで、意思表明をし、仲間に気づきを促し、行動することを呼び覚ますという意図をもった役割をしているから面白いと思ったのがその理由です。

そのメッセージは!国連で採択されている「2015年には世界の貧困を撲滅しよう!」の実現がどうも危ぶまれるので、それをもっと直接的に世界中の人に訴えようという動きの一環で活動するG-CAPの運動にあります。

http://hottokenai.jp/message/index.html

「ほっとけない 世界の貧しさ!」

貧困を人災として考え、グローバルな貧困削減運動G-CAP
(Global Call to Action Against Poverty)として手がけたプロモーションの一つがライブ8やこのホワイトバンドなのです。

ただの変哲も無い白いゴムの腕輪(バンド)が、人々の意識にどんなインパクトを与えてゆくのか!自分で以て体験してみようかと。

世の中に「アンカーリングするという仕掛けが手伝える、ラ・ポール(コミュニケーションに於ける最も重要な信頼関係のような共有感)が築ける」ということと、そのアンカーしたい「メッセージに共感」したからです。

NLP的に言うと、このアンカーとしてのホワイトバンドと著名な人々がそれを腕にしていることで起こる影響力の相乗効果がもたらすものを体験してみようという好奇心もあります。

単純にメッセージ「私もその一員!」という繋がり感、何かしらこのことに「貢献できるんだ」という自己認知や、人がこのような思いを持って繋がることの大切さ、人間らしさとは?を感じる機会をいろいろ味わえるであろうと思います。

そして、やっぱり共有したい人にちょこっと配るってことかな?

当然この収益は貧困撲滅に使われるのですから!

ちょっと、大層にこのキャンペーンを体感覚的に(Marketing的にするのは別として)分析し、アンカーリングってこんな風にも使えるんだ!というNLPトレーナーの「無理やりチック?」なメッセージでしたぁ!

ではでは。
(Mixiから移転してきました)
[PR]
12日は、一度あることについてとってもボリュームのある日記を書いたのですが、書き終えるまでに違う機能のボタンをクリックしてしまい、ぜ~んぶパァ!になってしまいました。

気をとりもどすというか、新たに書くまでに時間が無く、そのコメントはまたの機会にということに。

さて、この時間に書きたくなったのは、またまた初体験のこと。

最近、新たにたくさんの個人クライアントさんが増えたのと同時に、企業のクライアントさんもコンタクトやお仕事をいただいています。本当にありがたいことです。m(_ _)m

中でもある人材関連の企業様から、そちらのホームページ上で提供しているビジネス系の情報マガジン・サイトに「NLPとコーチング」で自分のコミュニケーション・リテラシーを測るような簡単な質問集の作成依頼をいただき、初体験でつくってみました。

http://www.tempstaff.co.jp/hr-magazine/index.asp

12日にそちらで公開されたので、是非関心がある方、覗いてみてください。

もちろん、質問にトライしてみていただけるとうれしいです。ちょっと立場が違うって方も、関係性を自分に置き換えてみて・・・。

一般的に判りやすくとは思っていますが、まだまだのところもあるかと思います。何かコメントなどあれば、どうぞ聞かせてくださいませ。

「失敗はない。フィードバックがあるだけ!」ですので。

どうぞよろしくお願いします。
(Mixiから移転してきました)
[PR]
スペルボーン(Spellborn)