エリクソン催眠・・・それって、自分自身と究極のラポールを築く方法だ!

私の大切なPOWER-NLPerのメルモッティさんが、大阪でエリクソン催眠のセミナーを
主催
すると聞いた。

【エリクソン催眠の達人】(2日間集中コース)・・・大阪

もともといろんな好奇心を持ち、豊な感性の持ち主である彼女、いろんなセミナーのサポート
も買って出ていた貢献に焦点のあたった素敵な仲間である。

「佳世子さん、エリクソン催眠についての感想と、是非とも納先生のこのセミナーを受講してくださる人へ、メッセージを~!」

と連絡もらった。

なんとエリクソン催眠の講師は私もお世話になった納功(おさめ いさお)先生なのだ。
なるほど。

どうりで、先日別のPOWER-NLPerから、納さんが
「佳世子さんの“To Love You More”(セリーヌ・ディオンの歌)をもう一回聞きたい!」
と、おっしゃってましたよ!なんて話題が出るわけだ。

*余談* 
インタビューの話の中で出てくる「催眠カラオケ」では、この歌を催眠かけてもらって、
歌ったんではないの。「あんたのバラード」を催眠かけてもらって、歌ったんだけど・・・・・。

繋がっているから、こうやって知らないところでまた人を介して繋がる。面白い。

インタビューのあと、ホームページもつくって、短期間で着々とメルモッティさんは
行動してる。

「It's a Beautiful Life」の提案にいそしんでますねぇ!と感心しながら、
自分の語ったものが文字になっているのかなぁ???

と、おもいきや、なんと 「Media Playerで聞いてね!」 ― なのだ。

おやまぁどうしよう・・・・。

なにを隠そう、そのSkypeでのインタビューの日は、

まさに風邪で鼻水、鼻詰まり状態、くしゃみ少々、しかも咳もでるという超~お粗末な
状態だったからね。

聞いてみようとおもったら、どうもうまく聞けない (これでも「ITリテラシー」はあるつもり)
だが、声が聞こえてこない!?これも何か意味があるのかねぇ。

メルモッティに聞いてみよう。

で、今日のテーマだけど・・・・(前フリが長い)

2005年当時のこと、私がとらえた「エリクソン催眠って・・・・」をいつものように
ぶっちゃけトークしたわけである。

納先生のご紹介に私の「ぶっちゃけ・面白トーク」が貢献できれば良いのですが、何しろ、
私の「地」がこれ・・・本音、飾らない、シンプルに感じたフィードバック、内的基準、なんで。

音声データは、ともかく、何を言いたかったのかなぁ!とこのインタビューを振返ると、

エリクソン催眠はまさに

「究極のリラックスを手に入れる、また手に入れていただくために貢献する」

という意図であり、実際卓越性を引き出すために有効だ。

ちなみに私は企業研修や、POWER-NLPのセミナー、POWER-NLPコーチングでも
時に特殊な「話し方」「語りかけ」をすることがよくある


あのような話し方は、「エリクソン催眠」を知らず、また意識していなかったときからのもの
なのだが、

なんと

“変性意識にアプローチする、エリクソン催眠的な要素”を、沢山含んでいたことが、
受講して確認できたことが一つ挙げられる!

そして、「催眠はとても安全で、かつ自分の卓越性を信頼する状態」を知る環境を
提供するものである
と思うし、

あんなリラックスをいつでも手に入れられるということを知ること、その方法を自分にも、
人にも提供できるってことでは、

すっごく「おいしい!」もの。

催眠を食わず嫌いするのは、もったいないですぅ~。

そして、もちろんエリクソン博士がそうであったように、

「相手を信頼する、ラポール」から始まる「現代催眠」的なスタンスであることが、

私の権威主義は「ちょっとご遠慮願いたい」って感じがする雰囲気が苦手、
催眠の先生と何か正しくしなおさなきゃなんないクライアント・・・って言う関係性、
暗示を与える者と、受ける者といった前提がありそうな「古典催眠」の世界

との差を、感じさせるのが「ポイント」かしら。

(これは私の感じ方、古典催眠を否定しているつもりはありませんから、よろしく。)

日常、メタモデルが大手を振ってはばかる社会、誰もが知らず知らず催眠に陥ってい
るといっても過言ではないのである。

「だからこそ、催眠なんです!」といいたい。

「自分にとって最高の自分を引き出す『催眠』を選択できるようになる!」
言うなれば

「自分自身との究極のラポールを築く」ために
とても効果的で卓越したアプローチである“エリクソン催眠”

そして、自分らしい人生の成功を手にいれる・・・


そのことに大きく力を貸してくれる自分の潜在意識を、目いっぱい使えるように
なるためにも、「リラックスが鍵」となるわけだ。

このことを目指すPower-NLPerには、エリクソン催眠がおすすめで~す!

そして、エリクソン催眠研究家の方々を私はよく知らないが、少なくとも
納先生は、彼のスタンス―立ち位置としては、

「催眠は素晴らしいもの・・・」をもっと日常の喜びに繋げられる「遊び心」ってところだろう!
って私は思う。

メルモッティ、東京の企画をしていただくのもありだよ~ん!
私もいっしょに応援します!

ではでは。皆さん、POWER-NLPでは結構エリクソン催眠と、変性意識
についてみっちりやりますが、その先に進むのにお勧めである。
[PR]
スペルボーン(Spellborn)