「引き寄せの法則」の先にあるもの!それがPOWER-NLPの世界! (Part 2)

つづきをの・・・「引き寄せの法則」の先にあるもの! (Part 2)だ!

最近、本屋で「The Secret」(DVD)の原点がここに!の鳴り物入りで、書店に並ぶ

とか、さらに「引き寄せの法則」は100年も前に、言っていた人がいるという「もう一つ前の原点」といわれる本が、発刊されて世をにぎわしている。

1) 「引き寄せの法則 エイブラハムとの対話」  
    エスター&ジェリー・ヒックス 著 のものと、
2) 「引き寄せの法則 すべての願いが現実になる」  
    ウィリアム・W・アトキンソン著 の2冊。

どちらが好みか、判りやすいかも、その人それぞれの代表システム(NLP用語)とか、
サブモダリティの使い方の傾向(NLPのワークで学ぶ)とかに、因るけれども、

原理原則を語っているのは同じだ。

ただ、私が1)を読んでいて・・・むむむ、まさにこれだ。ずっとPOWER-NLPのワークショップをしていて、本当に極めてゆく必要のあるところ・・・・それが、「引き寄せの法則」の先にあるものだったのだと知ったことが大きい!!

そうだ、ずっとそれを求めて、それを伝えたくてワークショップをしていたのだ・・・・

その「エイブラハム」となずけられている「複合した叡智の総称」が言う

「宇宙の法則」のことだ。

Be Universe!―と銘打って、伝えたかったことはこの
「宇宙の法則」についてだったのだ!

【「宇宙の法則」の定義】
宇宙の法則には三つある。

   1)「引き寄せの法則」
   2)「意図的な創造の方法論」
   3)「許容し可能にする術」


そうだ、わたしがPOWER-NLPのプログラムで伝えたかった奥義は、ここにある。

1)は自分の脳みそのプログラムが引き寄せているもの・・・について知る

  それには、POWER-NLPでいう「自分の能みそのストラテジー」を知る
  それが、自分の人生そのものを引き寄せている、
  手にいれさせているから・・・

2)「意図的な創造を実際やる」ためには、

  脳みその 「リ・プログラミング(祭プログラミング)」 
       「プログラミングの最適化」
       「プログラミングの削除、リストア(再インストール)」
       「プログラムのバージョン・アップ」

  ・・・・と、思考の作用を知った上で

  「焦点、関心を寄せること」を選択する必要があるということ。

3)「I Am O.K..! 」で居ること、それを遣ること。
  それは「他者を許容すること、You Are O.K.! を差し出すこと」
  そしてそれが、あなたの存在を「You Are O.K.! つまりは、
   (I Am O.K.!)」にするのだということ

  まさに「許容し、可能にする術」 スポンサー・シップ(NLPで学ぶ)が
  ここに繋がっている!

  私の著書「図解 NLPコミュニケーション術」「図解 NLPコーチング術」
  でも、(奇しくもこの宇宙の法則の第3番目・・・
  「許容し可能にする術」と「術」ってことばが共通していてうれしい!)
  
  「自己信頼」とは何か、
  「I Am O.K.!への道」を一貫して唱えるのも、
  この「許容し可能にするために」なのである!

もう少し説明してみよう!

エイブラハムの言葉をちょっと抜粋してみる。 続きは次のPart 3で ・・・
[PR]
スペルボーン(Spellborn)