ホワイトバンド=ほっとけない世界のまずしさ!というアンカーリング

おはようございます。かよりんです。今日はちょっとまともな時間に書いてます!

12日の幻の日記を書き改めてみようかと・・・・。長いけど!

「ホワイトバンド」ってご存知ですか?私のお知り合いの皆さんはいろんなことへの感度の高い方々なので、きっともう「私もホワイトバンドつけてるワ!」って方が殆どなのかもしれません。

私は、12日の朝にあるサイトからそれを知り、購入のオーダーをしたところです。仲間にも配るか!と初めての行動「まとめ買い」もしてみました。

ご存知のとおり、私はBeingとしてコーチであり、NLPのトレーナー=「人間が一生学び続ける存在である」とした時に、その学びの仕掛け、学び続ける先のゴール=アウトカムを最大化することに貢献・サポートする存在を選択しております!(大層に言うのがこれまた良い!)

そこで、なぜホワイトバンドを購入してみようと思ったか!と言うことをシェアしたいと思いまして・・・。

http://hottokenai.jp/white/index.html

このホワイトバンド、あの中田選手や世界中の意思あるリーダー、著名人(スポーツ選手、ミュージシャン、俳優、あらゆる人たち)がNGO、NPOのメッセージを伝える役割をする中で、この単なる白いラバーバンドを腕にすることで、意思表明をし、仲間に気づきを促し、行動することを呼び覚ますという意図をもった役割をしているから面白いと思ったのがその理由です。

そのメッセージは!国連で採択されている「2015年には世界の貧困を撲滅しよう!」の実現がどうも危ぶまれるので、それをもっと直接的に世界中の人に訴えようという動きの一環で活動するG-CAPの運動にあります。

http://hottokenai.jp/message/index.html

「ほっとけない 世界の貧しさ!」

貧困を人災として考え、グローバルな貧困削減運動G-CAP
(Global Call to Action Against Poverty)として手がけたプロモーションの一つがライブ8やこのホワイトバンドなのです。

ただの変哲も無い白いゴムの腕輪(バンド)が、人々の意識にどんなインパクトを与えてゆくのか!自分で以て体験してみようかと。

世の中に「アンカーリングするという仕掛けが手伝える、ラ・ポール(コミュニケーションに於ける最も重要な信頼関係のような共有感)が築ける」ということと、そのアンカーしたい「メッセージに共感」したからです。

NLP的に言うと、このアンカーとしてのホワイトバンドと著名な人々がそれを腕にしていることで起こる影響力の相乗効果がもたらすものを体験してみようという好奇心もあります。

単純にメッセージ「私もその一員!」という繋がり感、何かしらこのことに「貢献できるんだ」という自己認知や、人がこのような思いを持って繋がることの大切さ、人間らしさとは?を感じる機会をいろいろ味わえるであろうと思います。

そして、やっぱり共有したい人にちょこっと配るってことかな?

当然この収益は貧困撲滅に使われるのですから!

ちょっと、大層にこのキャンペーンを体感覚的に(Marketing的にするのは別として)分析し、アンカーリングってこんな風にも使えるんだ!というNLPトレーナーの「無理やりチック?」なメッセージでしたぁ!

ではでは。
(Mixiから移転してきました)
[PR]
スペルボーン(Spellborn)